インテルからPentium 4 Extreme Editionの最新版--さっそく厳しい評価も

John G. Spooner (CNET News.com)2004年11月02日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Intelは 米国時間1日、最新のPentium 4 Extreme Editionプロセッサを発売した。同シリーズは、ゲーム用途などのハイパフォーマンスデスクトップPCで使われているプロセッサだ。

 既報の通り、この新チップの動作速度は3.46GHzで、これまでのバージョンより若干高速になっている。また同チップのキャッシュ容量は2Mバイトに引き上げられ、フロントサイドバス(FSB)の速度も1066MHzとなっている。

 同社の主力製品であるPentium 4では、メインキャッシュの容量が1Mバイトで、FSBは800MHzだ。ただし、Intelは10月に、来年Pentium 4チップのキャッシュを2Mバイトに拡大することを明らかにしている。

 Pentium 4 Extreme EditionやAdvanced Micro Devices(AMD)のAthlon 64 FXといったプロセッサは、デスクトップPC向けのチップのなかで最高の性能を誇る。これらのチップは、ゲームを最大限のスピードで楽しめるよう、主に最新のグラフィックカードや高速ストレージシステムとともに、ゲーム用途のマシンに搭載される。AMDの新チップ、Athlon 64 FX-55はすでに10月19日に発売されており、今回の Pentium 4 Extreme Editionの発売で、ゲームユーザーには新しいハイパフォーマンスPCの選択肢が多数そろったことになる。

 通常、2000ドルをはるかに超えるPCが大量に販売されることはない。しかし、PCメーカー各社にとっても、AMDやIntelなどのチップメーカーにとっても、ゲームPC市場はデスクトップPCビジネスで最も利幅の大きい市場だとされている。AMDとIntelは、ハイパフォーマンスチップの価格を高めに設定している。

 1日には、少なくとも1社のPCメーカーが最新のExtreme Editionチップの採用計画を発表した。

 Dellは、第4世代のDimension XPSシステムの受注を1日に開始した。同社関係者が電子メールで明かしたところによると、同マシンは3.46GHzのExtreme Editionプロセッサ、512MバイトのRAM、80Gバイトのハードディスクを搭載する仕様で、価格のほうは2749ドルからとなる。 

 新しいExtreme Edition Pentium 4はすでに問題に直面している。購入希望者にとっては重要な情報源となる各種のレビューで、新チップがひどい評価を受けているのだ。なかには、新チップはパフォーマンスの向上がほとんど見られない、と結論づけているものも多い。

 「新しい3.46EEチップは、性能の点で先行モデルの3.4GHz/800MHzチップを何とか上回っているが、しかし性能向上の幅はごくわずかなものに過ぎない」と、Anandtechというマニア向けウェブサイトの運営者であるAnand Lal Shimpiはいう。他のレビューでも、同氏の意見に同調するものがいくつかある。

 3.46GHz版のPentium 4 Extreme Editionのメーカー価格は999ドルだが、これに対してAthlon 64 FX-55は827ドルとなっている。両製品とも市販価格は異なるものになりそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加