IBM、JS20ブレードサーバに高速チップを採用--AIXを搭載へ

Stephen Shankland (CNET News.com)2004年10月12日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、同社のJS20ブレードサーバ製品のプロセッサを強化し、今後は同社版のUnixであるAIXを搭載して販売することを米国時間12日に発表する。

 この変更により、同社のブレード製品はp610やp615のようなローエンドUnixサーバに代わるより高性能な選択肢になると、IBMのBladeCenter戦略ディレクターのTim Doughertyは述べた。

 IBMは、ブレードサーバ市場でHewlett-Packard(HP)やDell、Sun Microsystemsのようなライバルメーカーを抑えて首位に立っている。ブレードサーバとは、本棚に書籍を収めるような形で、1つのシャーシに複数のサーバをスライドさせて装着する薄型なシステム。IBMの最初のブレードはIntelプロセッサを搭載していたが、JS20はAppleのコンピュータでも採用されているPowerPC 970チップを搭載している。

 Doughertyによると、初代のJS20サーバは1.6GHzのPowerPC 970を搭載していたが、最新モデルには2.2GHzのPowerPC 970FXを搭載されており、プログラムの動作速度が約50%高速になっているという。新システムは10月29日の発売予定で、価格は2699ドルからとなる。

 発表当初、JS20はLinuxでしか動作しなかったが、今後はAIXでも動作するようになる。この動きは、JS20サーバシステムを、当初想定していたハイエンドユーザーだけでなく、一般的なビジネスユーザーにもアピールしていくうえで役に立つと見られる。現在はAIX 5.2がサポートされているが、年末までには5.3のサポートも予定されていると、Doughertyは述べた。

 IBMは当初3月にJS20をリリースしようとしたが、メモリの問題から6月まで出荷が遅れていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加