logo

日立と立命館大学、研究/教育面での交流と連携で協定

ニューズフロント2004年09月21日 16時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と立命館大学は9月21日、大学における研究/教育の全般で交流し、各種企画の連携を進めるための包括連携協定を締結した。日立が同日明らかにしたもの。これにより、両組織は研究者および高等技術者のキャリア教育プログラムの共同開発、組織対組織による大型研究交流とEラーニングの総合的連携を重点的に推進させる。

 連携企画の第一弾として、2004年9月に立命館大学理工学部1回生(1年生)を対象としたキャリア形成プログラム「技術者のキャリア」(「日立技術者のチャレンジ・プロジェクト」シリーズ)を開講する。日立の経営者、研究者、技術者がリレー形式で講演/講義を行い、体験談を学生に紹介することで、「職業理解と自己の個性や職業適性について考え、将来を見据えた『学びのモチベーションづくり』を学生たちに養ってもらう」(日立)。

 両組織はEラーニングシステム開発でも連携する。その際、立命館アジア太平洋大学などの海外教育事業や、立命館小学校(仮称、2006年4月開校予定)を含む初等教育、東京/大阪両オフィスでの社会人教育事業などへの展開も視野に入れて検討を進める。

 さらに、ロボティクス、情報通信、ライフサイエンスなどの分野を中心に、共同研究/官庁系研究プロジェクトの企画を推進し、研究成果の創出と研究者人材育成にも重点を置いて取り組む。

日立製作所のプレスリリース
立命館大学

-PR-企画特集