logo

日本IBM、ISV支援のためソフト7000本以上を4万1790円で提供

ニューズフロント2004年07月28日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは7月28日、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)支援策として、同社製ソフトウェア7000本以上を4万1790円(税込み、以下同じ)で提供するキャンペーンを開始した。キャンペーン期間は9月30日までとする。

 キャンペーンの対象は、ISV支援プログラムIBM PartnerWorld for Developers(PWD)の有料サービス「ソフトウェア・アクセス・オプション(SAO)」を購入したISV。SAO購入後1年間は、同社製ソフトウェアを何種類/何回でもダウンロードできる。ただし、ダウンロードしたソフトウェアの利用は、開発/評価/デモに限る。

 同キャンペーンでは、通常11万9385円のSAOを4万1790円で提供する。さらに、キャンペーン期間中、同社は開発者向けハンズオンセミナーと研修を無料で開催する。これにより、「当社製ソフトウェアに対応したソリューションを低コストで開発できるようになる」(同社)。

 PWDへの参加は、同社製ソフトウェアに対応したソリューションを開発するパッケージソフトウェア企業であれば、誰でも可能。入会金および会費は無料。

日本IBMのプレスリリース

-PR-企画特集