logo

マイクロソフト第3四半期決算--訴訟関連費用がかさみ利益減少 - (page 2)

Ina Fried (CNET News.com)2004年04月23日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業部門別決算--売上が軒並み増加

 Microsoftは個々の事業部門について、WindowsのデスクトップおよびサーババージョンならびにOfficeを扱う、3つの主要部門で17%の成長を達成したと述べた。

 Windowsのデスクトップバージョンを扱うクライアント部門では、売上が前年同期の25億ドルから29億ドルへと増加した。Windows Serverを扱うServer & Tool部門の売上も、やはり前年の18億ドルから22億ドルへと増加し、またOfficeを扱うInformation Worker部門でも、前年の23億ドルを上回る27億ドルの売上を記録した。

 比較的規模が小さい事業部門の中では、MSN部門が5億800万ドルから5億9100万ドルへと売上を伸ばした。Xboxゲーム機も扱うHome & Entertainment部門も同様に、4億5300万ドルから5億3000万ドルへと売上が増加。主に中小企業向けのビジネスアプリケーションソフトを扱うMicrosoft Business Solutions部門も、1億4700万ドルから1億5300万ドルへと売上を伸ばした。携帯端末や多機能電話用のWindows Mobileを扱うMobile & Embedded部門でも、4600万ドルから6100万ドルへと売上が増加した。

 Microsoftは今回決算発表の当日に、個々の事業部門の収益についても発表した。部門ごとの収益に関しては、同社は通常、証券取引委員会への正式な報告にあわせて、後から発表することが多かった。

 クライアント部門の営業利益は16億ドルと、前年同期比で16%減少したが、これは主にSunに支払った7億ドルの和解金によるもの。またServer & Tools部門は、12億2000万ドルにおよぶ訴訟関連費用によって打撃を受け、6億3500万ドルもの営業損失を計上した。訴訟関連の支出がなかったInformation Worker部門は、営業利益を14%伸ばし、19億ドルを稼ぎ出した。

 Business Solutions部門は、前年同期の9200万ドルから6500万ドルまで営業損失を圧縮した。MSN部門は、前年の1億3900万ドルの赤字から脱却して1億700万ドルの黒字へ転じた。広告収入が43%伸びたことが、加入者の減少分を相殺しただけでなく、利益をもたらすことにも貢献した。またMobile部門も前年同期の7200万ドルから前期は3800万ドルまで損失を減らした。さらにHome & Entertainment部門でも前年同期の2億7700万ドルの損失から、前期は2億900万ドルの損失と、赤字幅を縮小した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向け に編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]