2004年Q1の国内IAサーバ市場は前年同期比12.9%増、デルがNECを抜きトップに

ニューズフロント2004年04月21日 16時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナージャパンが2004年第1四半期の国内IAサーバ市場に関する調査結果(速報値)を発表した。出荷台数は11万9067台で、前年同期に比べ12.9%増。2003年第2四半期以降2けた成長が続いているという。

 同市場の状況について、同社エンタープライズ・インフラストラクチャ担当主席アナリストの亦賀忠明氏は、「国内サーバ出荷台数の成長率はおおむね国内GDP成長率と連動しており、当期もその影響が現れた」と述べる。「景況感の回復とともに、ユーザーはITへの投資に前向きになってきている。コストの抑制が求められる環境下で、よりコストパフォーマンスの高いサーバに需要が流れており、このことがIAサーバの出荷を支えている」(同氏)

 ベンダー別にみると、デルが2万4850台(前年同期比36.5%増)で前年同期の3位から1位に上昇した。前年同期1位だったNECは2万3950台(同6.3%増)で2位。以下、日本ヒューレット・パッカードの2万800台(同19.5%増)、富士通の1万9580台(同1.0%減)、日本IBMの1万5600台(同24.6%増)と続く。

 デルが大きく成長した理由について、亦賀氏は「コストや価格性能に関する一連のプロモーション活動が企業ユーザーの購買につながったことと、それを支えるインフラ特化型の営業/サポート体制の存在など」を指摘する。

 今後の状況について、同社は「第2四半期以降もGDP成長率に連動する形で2ケタ程度のプラス成長になる」と見込む。「第1四半期の結果が当初予測値を下回ったことから、第2四半期の成長率は2004年2月時点の予測値である11.9%増より低くなる可能性がある。ただし、当面は昨今の比較的穏やかな景況感を阻害する要因も見当たらないため、引き続き出荷台数は堅調に推移する」(同社)

ガートナージャパンのプレスリリース(PDF形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加