お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ダビング10頓挫--録画・録音の行方は?

2008年6月3日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル放送の録画データをハードディスクなどに10回まで私的コピーできる「ダビング10」が6月2日の開始に間に合わず、延期となりました。導入が遅れた原因は、著作権関連団体とメーカー側の対立にあるようです。

 著作権関連団体は、ダビング10採用の条件として、iPodなどの携帯音楽プレイヤーや、ハードディスクレコーダーといった録画機器にあらかじめ補償金を上乗せして販売することを求めています。これに対し、IT分野の業界団体であるJEITAは、補償金制度は縮小・廃止されるのが原則、と考えています。

 来週のアップルのイベントでは新しいiPhoneが発表されると噂され、夏には北京オリンピックが開催されます。魅力的な録画・録音機器の登場を控えて、パネリストの皆さんが考える理想のダビング生活とはどのようなものでしょうか。ご意見を聞かせてください。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    あくまでユーザー視点での話ですが、ダビングし放題でユーザーが永遠にハッピーとはいかないと思います。
    初期的にはよいかも知れませんが、新たなコンテンツビジネスのエコシステムを確立できなければ、「どうせコピーされてばらまかれちゃうんだから」的なコンテンツが乱立してしまい、コンテンツの質の低下を招くリスクもあります。
    ユーザーの利便性とコンテンツのエコシステムを両立させていくためのバランス感覚が重要なのではないでしょうか。
    2008-06-03 10:11:07
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社