お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、「iTravel」アプリの特許を取得--NFC利用により旅行のあらゆるニーズに対応

2012/07/11 12:25

 Appleは旅行事業に乗り出そうとしているのだろうか。

 Appleは米国時間7月10日、米特許商標庁(USPTO)から一連の特許を取得した。目立つのは「iTravel」と呼ばれるアプリに関するもので、旅行の際のあらゆるニーズに対応すると説明されている。Patently Appleが最初に報じた。

 出願内容によると、iTravelでは旅行を予約したり、その情報を他者と共有したりすることができる。また、iTravelを使ってチェックインや預けた荷物に関する処理も可能だ。対応するデバイスは「Mac」のほか、Appleの「iPhone」「iPad」「iPod Touch」とみられる。

 AppleはまだiTravelを発表していないが、徐々に、しかし確実に旅行事業への進出に動いている。6月に開催されたWorldwide Developers Conference(WWDC)では、「iOS」に搭載する「Passbook」を発表した。このアプリでは、ポイントカードやギフトカードだけでなく、搭乗券やチケットも保存できる。iTravelには及ばないが、特許で説明されている実装に少しずつ近づいているようだ。

 iTravelがまだAppleのモバイル製品に対応していないのには妥当な理由があると思われる。iTravelは、チケット情報のやり取りに近距離無線通信(NFC)を使うということだ。Appleの次世代iPhoneやiPadがNFCを搭載することになれば、このアプリに対応する可能性はある。

 とは言っても、Appleは常に特許を出願しており、多くの場合、取得した特許に記載された製品はリリースされないということには留意すべきだろう。iTravelが日の目を見るか否かはまだ不明だ。

 米CNETはiTravelの特許に関してAppleにコメントを求めているが、まだ回答は得られていない。


「Passbook」は「iTravel」への一歩となるか
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

ゴルフ特集

ゴルフ特集
最新ギアやウェアなど注目情報が満載

G-SHOCKが大集合

G-SHOCKが大集合
タフ&高性能。色々なシーンに頼れる腕時計

はじめての家庭菜園

はじめての家庭菜園
お庭やベランダで夏野菜を栽培してみよう

メンズスタイルブック

メンズスタイルブック
自分にぴったりのスタイルを見つけよう

車・バイク用スマホアクセ

車・バイク用スマホアクセ
スマホの可能性が広がる便利アクセサリー

タブレットPC特集

タブレットPC特集
プライベートにもビジネスにも大活躍

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社