logo

<リニューアルオープン>アルク公式オンラインショッピングサイト「アルクショップ」

リニューアル記念で店内全品10%OFFキャンペーンを実施中。2020年12月1日9:59AMまで

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)は、オンラインショッピングサイト「アルクショップ」をリニューアルオープンしたことをご案内申し上げます。
アルクショップURL:リンク



[画像: リンク ]

■アルクショップとは
英語学習を中心としたアルクの通信講座をお買い求めいただけるショッピングサイトです。


モバイルファーストのUI設計とAmazon Payの導入

昨今のモバイルからのアクセス上昇を受け、アルクショップはモバイルUIを考慮し、スマートフォンでより快適に商品を探し、選び、購入できるサイトに生まれ変わりました。また、商品ラインアップを通信講座中心の学習教材に絞り込み、書籍の詳細は専用の紹介サイトを設けることで、教材の探しやすさを追求しました。決済サービスにはAmazon Payを導入し、より利便性の高いお買い物体験を実現しました。


リニューアル記念セールは12/1(火) 9:59AMまで

多くの方にアルクの通信講座を知っていただき、自宅にいながらの本格的な学習体験と、実力アップの喜びを体験していただきたく、ただいまアルクショップリニューアル記念キャンペーン【店内全品10%OFF】を開催中です。

また、リニューアルオープンと同時に期間限定販売を開始した「日本語教育能力検定試験 合格パック2021」は、開講記念割引と併せて20%OFFでお申し込みいただけます。「合格パック」は、毎年恒例となりつつある大人気講座です。ぜひこの機会をお見逃しなく。
リンク

■アルクショップの人気講座をご紹介
1.「1000時間ヒアリングマラソン」 リンク
不動のアルク人気No.1講座。英語ニュース、映画、ドラマ、ネイティブによるフリートークなど、「リアルな英語」素材で毎月制作。日常会話はもちろん、仕事でも通用する実用レベルの英語力のマスターを目指します。バラエティーに富んだ教材で「飽きずに楽しみながら続けられる」と受講生から好評です。続けられるからこそ、着実に本物の実力が身に付きます。定番の12カ月コースの他、6カ月コース、体験キットも人気です。

2.TOEIC(R)テスト対策シリーズ リンク
100点アップを狙うTOEIC(R)完全攻略シリーズは、目標スコア別に9つのコースから選べます。開始時の英語レベルから無理なく学習していくことで、効率的かつ効果的に実力をつけていきます。単なるスコアアップだけではなく、しっかり英語の実力アップも狙えるところがポイント。単語力強化の講座がセットでお得な「でる単」セットや、200点アップのため2講座セットでお得な「突破」セットも人気です。

3.「NAFL日本語教師養成プログラム」 リンク
初めて学ぶ人でも安心して基礎から学べる教材と充実したサポートシステムで、日本語教育の知識を身に付けながら、日本語教師の登竜門「日本語教育能力検定試験」の合格を目指します。前述の「合格パック」は、当講座をメインに、検定合格に役立つ書籍や動画をセットにした期間限定の特別パッケージです。

その他、憧れの職業を目指す映像翻訳Web講座シリーズ、児童英語教師養成プログラムも人気急上昇中。豊富なラインアップで、英語学習者の皆さまの夢をサポートします。

■アルクの書籍紹介サイトについて
アルクの書籍は、アルクのコーポレートサイトにてご紹介してまいります。各書籍の紹介ページには、各種オンライン書店の商品ページへのリンクを設置してあるので、オンラインでのご購入もスムーズです。
アルクの書籍紹介サイトURL:リンク

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]