logo

「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始のお知らせ

株式会社エーアイスクエア 2018年10月15日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018年10月15日

株式会社エーアイスクエア

「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始
~対話要約ソリューション「QuickSummary +」を用いた生産性向上及びサービス改善の実現に向けて~

 株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹、以下「エーアイスクエア」)は、このたび、コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取:大矢恭好)のコールセンターにおいて、人工知能を活用して対話テキストを要約する「AI対話要約」に関する実証実験を行いますのでお知らせします。

 本実証実験では、音声認識エンジンによってテキスト情報に変換された、コールセンターでのお客さまとオペレーターの会話の内容を、エーアイスクエアが提供する要約ソリューション「QuickSummary +」(※)を用いて、容易に活用できる情報に要約するものです。このことにより、コールセンターでは、お客さまとの通話終了後の応対履歴の登録をはじめとした、後処理時間の削減という「業務効率化」に加え、問い合せの主旨の抽出によるお客さまニーズの把握を通じた「今後のサービス改善」を実現することができます。

 横浜銀行では、本実証実験の結果を踏まえて、音声認識・対話要約等の技術と顧客管理基盤をシームレスに連携し、コールセンター高度化の取り組みを加速することを計画しています。

 また、今後、両社は自然言語処理技術・テキスト解析技術を中心とする各種AI技術を活用して、豊かなユーザーエクスペリエンスの提供に取り組んでまいります。

(※)【QuickSummary +について】 エーアイスクエア独自の文章要約エンジン「QuickSummary」を対話要約に適用するべく機能強化したソリューションです。テキスト化された複数話者間の通話データに対して、通話全体の内容から重要なセンテンスを抽出するだけでなく、会話の主旨を生成したり、分類したりすることができます。特定の企業・業務に合わせた教師データを投入することで、大幅な精度向上を実現しております。すでに大手消費財メーカーのコールセンターなどで、業務効率化、VoC 分析等の目的で活用されています。

【株式会社エーアイスクエアについて】
商号:株式会社エーアイスクエア
主な事業内容:人工知能(AI)を活用した各種 IT サービス提供およびコンサルティング
所在地:東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
設立:2015年12月
資本金:1憶8,750万円
従業員数:19名
株主:株式会社ブロードバンドタワー(東証JASDAQ 3776)
   株式会社メディアドゥホールディングス(東証一部 3678)
   経営陣

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]