logo

DMM.make AKIBA、モノづくり施設や工房サービスを開始・導入を検討する企業向けコンサルティングサービスを開始

株式会社DMM.com 2018年04月04日 13時01分
From PR TIMES

株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲、 リンク 以下DMM )は、総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を通じて、モノづくり施設や工作機械を活用したサービス提供を検討している事業者に向けたコンサルティングサービス「DMM.make AKIBA メイカースペース支援サービス」を4月4日(水)より開始します。



[画像1: リンク ]


DMM.make AKIBA メイカースペース支援サービス
リンク

「DMM.make AKIBA メイカースペース支援サービス」は、国内最大規模の総合型モノづくり施設であるDMM.make AKIBAがこれまで培ってきた運営ノウハウを活かし、施設立ち上げ時の機材選定、機材の利用法レクチャー、技術スタッフ育成支援、ワークショップマニュアルなどを提供するサービスです。

2014年11月のオープン以降、DMM.make AKIBAは、国内外からの施設見学を受け入れており、これまでの見学者数は述べ12,000人以上にのぼります。その中にはモノづくり施設の開設や工房サービスの導入を検討している法人からのお問い合わせ、また施設立ち上げ及び運営に関する相談も多く寄せられます。

そうした背景には、オープン・イノベーションを志向する企業や新規事業に意欲的な企業が、自社で自由に利用できる工房を立ち上げるケース、文理統合型の人材を育成する教育機関が学生に向けモノづくり施設を開設するケースが増えており、さまざまな形でモノづくり施設の需要が高まっている現状があります。その一方で導入時の機材選定や効果的な活用方法、運営スタッフの育成やワークショップ・教育プログラム形成については先例が少なく、多くの事業担当者が課題を抱えています。

そこで今回のコンサルティングサービスにおいてDMM.make AKIBAは、運営ノウハウの提供に加え国内外の工作機械メーカーと連携し機材選定から運用開始までの課題を一気通貫で解決することで、革新的なサービスやプロダクトを作り出す人々のためのモノづくりプラットフォームとして支援して参ります。

●サービス概要
サービス名:「DMM.make AKIBA メイカースペース支援サービス」
URL:リンク

サービス内容:
・立ち上げ支援
目的、ご予算をもとに3Dプリンターやレーザーカッター、CNC、UVプリンターなど必要な機材の選定と、それに適した室内レイアウトや内装のアドバイスを行います。
さらに、メイカースペースの運営に必要なスタッフ採用要件の定義、また技術・運営スタッフそれぞれのトレーニングを現地で実施します。
各機材の操作指導だけではなく、製品の出来をワンランク上げるためのテクニック、試作開発に必要な要件定義やスキル習得、トラブル時の対応など、DMM.make AKIBAが培ったノウハウを提供します。

・運営支援
日々の運営に必要な業務の洗い出しと基礎から応用までふまえた運営マニュアルの提供といった運営フローの体系化に加え、設備を活用したワークショップやイベントなどの施設内のコミュニティ形成を意識した企画立案についてレクチャーします。
また、オプションとして年間40時間までのオンラインサポートを提供し、オープン後も引き続きさまざまな課題解決を支援します。

提携先メーカー:
XYZプリンティング株式会社
トロテック・レーザー・ジャパン株式会社
ローランド ディー.ジー.株式会社
(五十音順)

価格:個別にお見積もり

■DMM.make AKIBAとは
ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。 リンク

 第三の産業革命「メイカーズムーブメント」によって、モノづくりの担い手が大企業から個人へと裾野を広げ、誰もがモノを作って売ることができるようになってきました。技術や知識、道具が無くても、そして、個人でも“作り手”になれる時代です。

[画像2: リンク ]



 DMM.makeはそんな“作り手”のために必要な「情報」や「ツール」「人」が集まるプラットフォームです。 ハードウェア開発だけではなく、ファッションやメディアアートなど、幅広いクリエイティビティをサポートする施設として、各種エンジニアやデザイナー、クリエイターにご利用いただいています。

 DMM.make AKIBAは今後も、世界で最も新しい価値観を生み出し続ける場所として、モノを作りたい人がモノを作り続けられる環境の実現を目指していきます。
ご質問、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

■報道関係者用 本件に関するお問い合わせ
株式会社DMM.com DMM.make AKIBA広報:境・田中
TEL:03-5298-5317(連絡可能時間帯:平日10:00~18:00)
E-MAIL:press@akiba.dmm-make.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。