logo

ソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシックモデル一瞬を豊かな表現力で切り取る『α7 III』発売



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]

ソニーは、新たに開発した有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(R)(エクスモアアール)と最新の画像処理システムを搭載し、ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7 III』を発売します。本機は、高感度ISO204800※1、693点の像面位相差検出AF※2(オートフォーカス)、高精度・高追従な瞳AF、最高約10コマ/秒※3の高速連写、充電一回あたり最大710枚※4の静止画撮影を実現します。被写体を選ばず、高速に捉えてその一瞬を豊かな表現力で切り取ることができる、ソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”のベーシックモデルです。
[動画: リンク ]



[表: リンク ]


※予約販売受付は3月2日(金)10時より開始します。


『α7 III』は、新開発のフルサイズ裏面照射型イメージセンサーと従来機『α7 II』比※5約1.8倍の高速処理を実現した新世代の画像処理エンジンBIONZ X(R)、イメージセンサーからの読み出し速度を約2倍に高速化したフロントエンドLSIの搭載により、高感度ISO204800※1の広い感度性能や、解像とノイズ低減の両立による最大1.5段分※6の画質向上、低感度時約15ストップ※7の広いダイナミックレンジを備えています。また、独自のAFシステム4Dフォーカス™に対応し、メカシャッター時およびサイレント撮影時※8においてAF/AE※9追従 最高約10コマ/秒※3の高速連写を実現します。さらに、5.0段※10の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画と、4K HDR(ハイダイナミックレンジ)※11、S-Log※12に対応するなど、充実した静止画・動画撮影機能を小型ボディに凝縮しています。
さらに、一回の充電による静止画撮影可能枚数は、ミラーレスカメラとして業界最大※13の710枚※4です。また、同時記録やリレー記録に対応する2つのメディアスロット(スロット1はUHS-II対応)、高速データ転送が可能なSuperSpeed USB (USB 3.1 Gen 1)対応のUSB Type-CTM端子、マルチセレクター、タッチパネルを搭載し、高い信頼性や操作性を備えています。縦位置グリップ『VG-C3EM』やグリップエクステンション『GP-X1EM』なども使用可能です。

*『α7 III』で撮影した高画質作例は、Sony Photo Galleryをご覧ください。 www.sony.net/Product/di_photo_gallery/
*『α7 III』で撮影した高画質な4K動画は、Sony Camera Channelをご覧ください。 www.youtube.com/c/ImagingbySony/
[画像4: リンク ]

上記※1~13の脚注に関しましては下記をご参照ください。
リンク

●主な特長
1. 新開発フルサイズ裏面照射型イメージセンサーと新世代の画像処理エンジンにより、高画質性能がさらに進化
フルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと最新の画像処理システム
有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを新たに開発し、画像処理システムも新世代の画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIに一新。裏面照射型のイメージセンサーとギャップレスオンチップレンズ※14や反射を低減するARコーティング付きシールガラスを組み合わせることで、常用ISO感度を最高ISO51200まで高め、ISO100~51200(拡張ISO50~204800)※1の広い感度域をカバーし、暗所や薄暗い場所でもノイズの少ない高感度撮影ができます。低感度時は、約15ストップ※7の広いダイナミックレンジを実現。一新した画像処理システムにより、色再現性をより高め、ポートレート撮影における肌色や、鮮やかな花の色などを自然に描写します。さらに本機では、システム内での16ビット画像処理に加え、新たにサイレント撮影※8時や連続撮影時の14ビットRAW出力※15にも対応することで、表現の幅を広げます。

5.0段の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能
高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段※10の補正効果を実現し、様々なブレに対して5軸でブレを検出して高い補正効果を発揮します。静止画撮影中の手ブレ補正効果は、シャッターボタン半押しまたはピント拡大表示中にライブビュー映像で確認することができます。さらにボディ内手ブレ補正は、すべてのEマウントレンズはもちろん、マウントアダプターを介して装着するAマウントレンズなどでも活用できます。加えて、動画撮影時も5軸で手ブレを高精度に補正します。

※14: レンズから入射する光を最大限にイメージセンサーに取り込むため、隣接する画素間のギャップを最小限に抑えることで集光効率を飛躍的に高める構造。
※15: 圧縮RAWでの連続撮影時、BULB撮影時、長秒時ノイズリダクション[入]時は12ビットに制限されます。

2. 4Dフォーカスに対応し、さらに広範囲・高密度・高速・高精度・高追従を実現するAF性能
被写体を瞬時に捉え、追従し続ける、高速・高精度なAF性能
画像処理システムの刷新に加え進化したAFアルゴリズムを搭載することで、AF速度・精度・追従性能が向上。撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差検出AF※2センサーを配置したほか、コントラストAF を従来機『α7 II』の25点から425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上しています。AF速度は低輝度時に最大2倍※6向上し、暗いシーンでの合焦速度を向上させ被写体を瞬時に捉えます。動体追従性能においては、イメージセンサーからの読み出し速度の高速化により、連写中のAF測距・演算頻度を高め、さらに最新の動体予測アルゴリズムを本機に最適化して搭載することで、従来機比約2倍※7に向上しています。また、AFアルゴリズムの進化により、AF-SモードでのAF検出輝度範囲の下限値はEV-3(ISO100相当/F2.0レンズ使用)を達成し、暗いシーンでも高精度な撮影が可能です。
[画像5: リンク ]

AF-Cモードに対応した瞳AF
瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能の検出精度・速度が向上し、AF-Cモードにも対応。被写体に動きのあるポートレート撮影などでも、瞳に安定して追従し続け、正面からうつ向き顔になった場合や振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなど、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従します。AF時の顔優先が[入]時は、シャッター半押しやAF-ONボタンを押すだけで自動で瞳AFが作動するようになりました(AF-Sモード時のみ)。さらにマウントアダプターを介してのAマウントレンズ装着時※16も瞳AFに対応します。

※16: 対応レンズの詳細は、サポートサイトをご覧ください。www.sony.jp/support/

3. 最高約10コマ/秒のAF/AE追従による高速連写
フルサイズで瞬間を逃さない、AF/AE追従 最高約10コマ/秒の高速連写
最新のシャッターチャージユニットの採用に加え、画像処理システムを刷新することで、従来機『α7 II』比の2倍となる最高約10コマ/秒※3のAF/AE※9追従高速連写を実現。無音・無振動のサイレント撮影時※8にも、同様に最高10コマ/秒で連写でき、静粛性が求められる舞台などのシーンや野生動物やペットなど静かに撮影したいシーンにおいてもシャッター音に憚られずに撮影ができます。さらに、ライブビュー方式では最高約8コマ/秒※3の高速連写が可能です。また、バッファメモリーの大容量化に加え、システムの高速化とUHS-II対応のSDカードスロット採用などにより、最大約10コマ/秒の高速連写でJPEGスタンダード約177枚/圧縮RAW約89枚/非圧縮RAW約40枚※17の連続撮影ができ、撮影のリズムを崩すことなく安定して撮影できます。フリッカーレス撮影※18にも対応することで、蛍光灯などの点滅によるちらつきを検知して適切なタイミングで静止画を撮影し、速いシャッター速度や連続撮影時に生じる露出や色合いのばらつきを低減します。

※17: 連続撮影モード「Hi+」時。 UHS-II対応のSDXCメモリーカード使用時。ソニー測定条件。
※18: 光源の点滅周期が100Hzか120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。また、連続撮影速度が遅くなることがあります。サイレント撮影時、BULB撮影中、動画撮影時はフリッカーレス撮影ができません。

4. 高解像4K動画と表現の幅を拡げる多彩な動画機能
画素加算のない全画素読み出しによる解像力の高い4K動画記録
フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しにより、4K映像(QFHD:3840×2160)に必要な画素数の約2.4倍※19の豊富な情報量を活用して4K映像を出力し、より解像感の高い臨場感のある映像表現ができます。フォーマットは、フルサイズとスーパー35mmから選択が可能です。4Kの記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVC(R)を民生用に拡張したXAVC S(R)※20を採用しており、最大100Mbpsの高ビットレートで高画質記録が可能です。

インスタントHDRワークフローを実現するHLGに対応※21
4K HDR対応のピクチャープロファイルとして、新たにインスタントHDRワークフローを実現する HLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR※11撮影に対応し、従来よりも広いダイナミックレンジで撮影することで、視覚で捉えたイメージに近い映像を残すことができます。HLG方式で記録した映像は、撮影後にカラーグレーディングを必要としないため、効率的なHDR映像の制作が可能です。

映像制作をサポートする多彩な動画機能を搭載
S-Log2※12に加えて、シャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視したS-Log3※12を搭載。S-Log3設定時は14ストップの広いダイナミックレンジを実現しています。S-Log/HLG撮影時にモニタリングできるように、ガンマ表示アシストを搭載。加えてフルHD映像で120fpsのハイスピード撮影※20も可能。また、最大5倍までのスローモーション※22と、最大60倍までのクイックモーション撮影※22機能を搭載しており、最大50Mbpsの高画質フルHDで本体内記録が可能です。撮影フレームレートは、1~120fpsまでの8段階より、また記録時のフレームレートは24p/30p/60pから選択可能です。撮影後の編集作業もなくすぐにスロー効果、クイック効果をプレビュー確認できます。4K動画と低解像度のプロキシー動画の同時記録にも対応しています。

※19: 24p記録時。30p記録時は約1.6倍です。
※20: XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時には、UHSスピードクラス3が必要です。
※21: HLGは、日本放送協会(NHK)と英国放送協会(BBC)が共同で開発し、一般社団法人電波産業会(ARIB)で標準化されたHDRテレビ方式。従来のテレビ方式(SDR)と高い互換性を保ちながら、明暗の表現において従来よりも広いダイナミックレンジを持ち、自然な描写が可能になります。
※22: 音声記録はできません。 Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。

5. 小型・軽量ボディに凝縮した撮影現場で活躍する操作性、信頼性、ソリューション
撮影を支える高い信頼性・操作性
・充電一回あたり、ミラーレスカメラとして業界最大※13710枚※4の静止画撮影が可能
・約20万回※23のレリーズ耐久性を実現
・メディア間同時記録、リレー記録、振り分け記録、コピー可能なUHS-II対応SDカードスロットとSD/MSカードスロット
・ファインダー倍率0.78倍(全表示域の対角視野約38.5°)を実現し、高解像・高コントラスト・高速起動の約236万画素 XGA OLED Tru-Finder(R)
・ファインダーや液晶モニターの表示画質を高め、より高精細に表示する[高画質]モードを搭載
・AFエリアの迅速な操作が可能なマルチセレクター、シャッターボタンから独立してAFを動作させるAF-ONボタン
・タッチフォーカス・タッチパッドにも対応するチルト可動式の約92万ドットの大画面3.0型液晶モニター
・急速充電が可能な『BC-QZ1』、従来機比※24約2.2倍の高容量バッテリー『NP-FZ100』を最大2個装着可能な縦位置グリップ『VG-C3EM』や、最大4個収納可能なマルチバッテリーアダプターキット『NPA-MQZ1K』など、長時間の撮影をサポートする別売りアクセサリーに対応
・堅牢性と軽量化を実現するマグネシウム合金ボディと防塵・防滴※25に配慮したボディ設計、高剛性マウント構造
・大容量ファイルの高速転送を実現するSuperSpeed USB(USB 3.1 Gen 1)対応 USB Type-CTM 端子を搭載、PCリモート撮影機能、Wi-Fi経由でのFTP転送やFTPS(SSL/TLS)暗号化にも対応
・撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能、再生時の一覧性が向上する連写グループ表示

※23: 当社内部の試験条件にて。電子先幕シャッター時。
※24: 現行機種『α7 II』に同梱のWシリーズバッテリー『NP-FW50』との比較において。
※25: 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません。

「Imaging Edge (Remote/Viewer/Edit)」によるリモート撮影やRAW現像のパフォーマンス、操作性を改善
ソニー製カメラのポテンシャルを引き出し、撮影・作品制作の効率と画質を追求するソフトウェアシリーズ「Imaging Edge」として提供する無料のパソコン用ソフトウェアでは、ライブビューを利用したリモート撮影(Remote)、撮影した画像の閲覧やレーティング(Viewer)、RAWデータの調整・現像(Edit)を行えます。最新のVer.1.1では、パソコンからのリモート撮影(テザー撮影)によるデータ転送速度の約10%高速化※26をはじめ、RAW画像調整の応答速度も約65%改善※27しています。また、ネットワークドライブ利用時の信頼性を向上、リモート撮影時の縦横判別、バルブ撮影の露光時間指定、画像絞り込み機能の強化など、操作性や安定性を向上しています。詳しくは、「Imaging Edge」サポートページをご覧ください。www.sony.net/disoft/d/

※26: 『α7R III』、SuperSpeed USB (USB 3.1 Gen 1)、非圧縮RAW(Lサイズ7952 x 5304画素)+JPEG(エクストラファイン)の複数枚転送速度を測定
※27: CPU Intel(R) CoreTM  i7-6700 Processor 3.40GHz、メモリー 8GB、OS Windows(R) 7 Professional、非圧縮RAW(『α7R III』、Lサイズ7952 x  5304画素)で測定

●先行展示
新商品をソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、3月2日(金)より展示します。詳細は、以下のURLでご覧いただけます。www.sony.jp/store/retail/exhibition/201802/180227/

●α Plazaスペシャルイベント
3月1日(木)から4日(日)開催のカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2018」のソニーブース(G-01)にて、本機の撮影を体験いただけます。また、「CP+2018」との連動企画として、パシフィコ横浜で開催される「CP+2018」のスペシャルセミナーを体験いただけるイベントなど、全国5ヵ所のソニーストア内「αプラザ」で限定イベントを開催します。イベント詳細等については、以下の特設サイトよりご覧ください。
www.sony.jp/ichigan/a-universe/specialevent/cpplus2018/plaza-event/

●主な仕様
主な仕様や詳細については、商品サイトをご覧ください。
『α7 III』 www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M3/

市場推定価格(消費税を含みません):

『α7 III』 ボディのみ        230,000円前後
『α7 III』 ズームレンズキット   250,000円前後

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格売価格を当社が推定したものです。

※Exmor R、BIONZ X、4Dフォーカス、XAVC、XAVC S、Tru-Finderは、ソニー株式会社の商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ ソニー製品情報サイト: URL sony.jp/
■ デジタル一眼カメラ α™(アルファ) オフィシャルサイト: URL sony.jp/ichigan/
■ αユニバース: URL www.sony.jp/ichigan/a-universe/
■ αアカデミー: URL msc.sony.jp/ichigan/a-academy/
■ Sony Camera Channel: URL www.youtube.com/c/ImagingbySony/
■ Sony Photo Gallery: URL www.sony.net/Product/di_photo_gallery/

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]