logo

100年後の子どもたちのために「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を全国9カ所で実施

住友ゴム工業株式会社 2017年03月31日 14時11分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月31日

住友ゴム工業株式会社

100年後の子どもたちのために
「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を全国9カ所で実施

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟との協働事業「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を今年も実施します。4月16日に埼玉県で実施する「世界で一つだけの元荒川ムサシトミヨ※生息地保護活動」を皮切りに、全国9カ所計9回の活動を予定しています。

【画像: リンク

 「チーム エナセーブ」は、低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの売上の一部を活用し、DUNLOPとその商品を使用されるお客様とが一緒になって行う環境保全活動で、「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」と「チーム エナセーブ GREENプロジェクト」の二つの活動を行っています。
 2013年から実施している「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」は、国内外の身近な文化・自然を守り伝える公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の「未来遺産運動」に賛同し、日本全国で失われつつある文化や自然環境を保全するために取り組んでいる協働事業です。
 また、2009年に活動を開始した「チーム エナセーブ GREENプロジェクト」はタイやインドネシアでお客様に代わってマングローブの苗木を植樹し、森をよみがえらせるとともに自然災害の防止や豊かな漁場の形成などを目指す活動で、多くのお客様に共感いただき、2016年末までの累計植樹本数は110万本を超えています。
※全長 5cmほどの淡水魚。世界で唯一熊谷市にのみ生息している。

■「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」公式WEBサイト
 リンク


【画像: リンク
【チーム エナセーブ 未来プロジェクト】ムサシトミヨ生息地草刈り(埼玉県)
【画像: リンク
【チーム エナセーブ GREENプロジェクト】マングローブ植樹(タイ)


■2017年活動一覧
【画像: リンク

<場所/活動>
・北海道 白老町/ラブアースの森づくりin白老(間伐)
・岩手県 一関市/久保川イーハトーブ自然再生事業(ため池作り、植栽など)
・埼玉県 熊谷市/世界で一つだけの「元荒川ムサシトミヨ生息地」保護活動(川沿いの草刈り)
・山梨県 忍野村/忍野八海周辺の清掃活動(予定)
・愛知県 瀬戸市/「人と自然との共生」を目指した森づくり活動(予定)
・福井県 越前市/越前にコウノトリを呼び戻す田んぼファンクラブ(ビオトープ作り)
・和歌山県 海南市/孟子不動谷生物多様性活性化プロジェクト(田植え)
・岡山県 美作市/英田上山棚田再生プロジェクト ~未来へつなぐ棚田8300枚~(田植え)
・福岡県 福岡市/博多湾・和白干潟の自然保護活動(干潟の清掃)

※実施活動は変更になる場合があります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事