logo

キヤノンマーケティングジャパンが「page2017」に出展

キヤノンMJ 2017年02月07日 12時00分
From PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2月8日(水)から10日(金)まで、池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYOで開催される「page2017」にブースを出展します。「未来へつながるデジタルプリンティングイノベーション」をテーマに、最新のPOD機とワークフローソリューションによる印刷工場の自動化システムを展示するほか、キヤノンが展開するトータルソリューションの最新情報を紹介します。



[画像1: リンク ]

page展は、1988年開催以来、2017年で30回目を迎える、印刷メディアビジネスの総合イベントです。
キヤノンブースは、印刷会社自らが変革するためのヒントを発見する場とし、出展テーマを「未来へつながるデジタルプリンティングイノベーション」としました。デジタル印刷による生産現場の効率を高める、印刷工場のスマートファクトリー化を実現する実践的な自動化システムを、最新のPOD機とワークフローソリューションにより提案します。
また、オセ連帳やハイクオリティ・オンデマンド、ワイドフォーマットなどのキヤノンが展開するトータルソリューションの最新情報を紹介します。

<イベント紹介ページ>
リンク

【開催概要】
○会 期:2017年2月8日(水)~10日(金)10:00~17:00
○会 場:池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYO
○入場料:1000円(ウェブ事前登録無料)
○主 催:公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)

【コーナー紹介】
■お客様事例コーナー
キヤノンのプロダクションプリンターを導入頂いている実際のお客様の印刷サンプルを多数展示します。お客様の事例を通して、ビジネスモデルや各機器の特長を紹介します。

■拡大!デジタルプリンティングコーナー
imagePRESS C65を中心に、各種後加工機と連携し、成果物を制作する工程を紹介します。imagePRESSの特長でもある幅広い用紙対応力を生かしたアプリケーションごとのサンプルを多数展示し、ビジネス拡大のヒントを紹介します。
[画像2: リンク ]


■オセ高速プリンティングソリューションコーナー
高速インクジェットプリンターのサンプルを多数展示します。国内商業印刷分野では初となるデジタル書籍生産システムの導入事例などを紹介します。

■Océ PRISMAdirectコーナー
ウェブ通販の感覚で利用できる簡単な発注画面による注文受付と、ワークフローによる印刷室側の効率的な印刷管理の仕組みを紹介します。

■ネットワークカメラコーナー
印刷会社におけるセキュリティー対策や工場の稼働状況を確認できるモニタリングシステムとして、ネットワークカメラの実機と活用事例を紹介します。また、工場内の作業員の状況把握と稼働分析による生産性向上につながる各種ソリューションを提案します。


■実演!プリンティング・ワークフローコーナー
印刷商材や新規・リピートオーダーに関わらず、多品種かつ極小ロットなど複数の商材が混在する業務の中で、受注から印刷~後加工までを含めた効率的な生産の仕組みを紹介します。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■ワイドフォーマットソリューションコーナー
Océ ColorWave 700による検版ワークフローの圧倒的な生産性と、大判オンデマンド機としての成果物製作を提案します。
imagePROGRAF PROシリーズでは、超臨場感の高画質写真プリントによる新たなビジネスチャンスの可能性を紹介します。
[画像5: リンク ]


■ハイクオリティ・オンデマンドソリューションコーナー
鮮やかな発色と高品位な質感を兼ね備えたDreamLabo 5000によるプリントは、高級感のあるプレミアムコンテンツの作成に最適です。
従来のオフセット代替ではない新たな高付加価値デジタル印刷「ハイクオリティ・オンデマンド」の優位性を紹介します。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事