logo

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」のパートナープログラムにおいてソリューションパートナーに認定

「サイネージタイプ」と「タッチタイプ」の2つのご利用方法があり、インターネット接続環境さえあればリッチなコンテンツを配信することができる次世代サイネージシステム「Smart Link」をビジネス展開する株式会社エージェンテック(本社:東京都千代田区、代表取締役:金 淙採、以下「エージェンテック」)がKDDI株式会社の提供する「KDDI クラウドプラットフォームサービス」のパートナープログラム(リンク)において、2016年12月14日ソリューションパートナーに認定(対象サービス「Smart Link」)されたことを本日発表いたします。


■「Smart Link」とは
「サイネージタイプ」と「タッチタイプ」の2つのご利用方法をご提供することでご利用場所に応じて使い分けていただくことができ、インターネット接続環境さえあればリッチなコンテンツを配信することができる「KDDI クラウドプラットフォームサービス」を活用した次世代サイネージシステムです。
「サイネージタイプ」は既存のモニターにタブレット・スマートフォン・セットトップボックスやスティック端末を設置することでインターネットによりコンテンツ配信をすることができます。
「タッチタイプ」はさまざまな情報を 「見る」「触る」「持帰る」「つながる」 をコンセプトとしたマーケティング機能を持っており、店頭における無人接客ツールとしても対面接客ツールとしても活用できます。



【株式会社エージェンテックについて】 
「未来を切り開くIT価値を世界へ」を企業理念として、常に未来を切り開く新たなプロダクト、サービスを企画・開発し、世界の人々に新しいIT価値を提供しています。様々なプロダクトとサービスを提供しており、マルチデバイス向けコンテンツハブのプラットフォーム「ABook」を中心にビジネスを展開しています。「ABook」は、MCM(Mobile Content Manager)市場で国内No.1の実績を持ち、さらにそのノウハウを活かし、常に新たなパラダイムシフトを起こすプロダクト/サービスの企画&開発を行っています。
リンク

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社エージェンテック
経営企画部 マーケティング室 
Tel: 03-3239-3681
Email: marketing@agentec.jp








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。