logo

ルミネのエレベーターがアート作品に!「LUMINE meets ART」エレベーターアート

株式会社ルミネ 2016年10月17日 16時19分
From Digital PR Platform


株式会社ルミネ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井良亮)は、アートを通じてお客さまに「いつものルミネ+α」を提供することをコンセプトにしたアートプロジェクト、「LUMINE meets ART」を2010 年からスタート。お客さまに、お買い物やお食事を楽しみながら、ルミネ館内に飾られた様々なアート作品に自由に触れることで、自分に合う、身近なアートとの新しい出会いを感じていただくことを目的としています。ルミネ新宿 ルミネ1では、「LUMINE meets ART エレベーターアート」を継続的に展開し、6年目を迎える今年度、新宿から世界のアートを発信することを目的に、海外アーティストの起用をスタートいたしました。
第一弾のフランス出身のWK(aka WK Interact)の作品に続き、第二弾となる今回は、ニューヨークを拠点にパブリックアートや有名ブランド(Nike、Tommy Hilfiger、Facebook等)とのコラボレーションも手掛け、世界各国で活躍している韓国・ソウル出身のアーティスト『YOON HYUP』の作品を展示。現在、ルミネ新宿 ルミネ1エレベーターにて展開中です。

【開催概要】
開催名: 「LUMINE meets ART エレベーターアート」
日  程: 2017年1月9日(月・祝)まで ※現在展開中
場  所: ルミネ新宿 ルミネ1 エレベーター
営業時間: 11:00~22:00

◆本作品に対するアーティストコメント
都市は私にとって一番なじみ深い反面、自然はこの上なく巨大で神秘的な対象です。特に高さによって変わる空と雲の色彩は自然が作ったとても美しい色彩の一つだと思います。 ゛LUMINE゛と言う名を想い浮かべた時、雲が開きお互い異なる光が美しく光る、太陽と月が浮かび上がりました。

◆アーティスト紹介
YOON HYUP(ユーン ヒョプ)
ニューヨークを拠点に活躍している、韓国・ソウル出身のアーティスト。
生動感たっぷりの都市のエネルギーや音楽を捉えて線を利用し、スケッチをせず即興的に描いてしまうのが作品の特徴。古い建築物から見つけることができる壁画や石彫の模様等、アジアの伝統美術を連想させる独特な抽象的表現で作品を制作している。ギャラリーでの展示や壁画等パブリックアートプロジェクトの他、有名ブランド(Nike, Jordan, Rag & Bone, Tommy Hilfiger, Facebook等)とのコラボレーションを通じて作品と社会を繋げる機会を積極的に模索しているアーティスト。現在はNew Yorkだけでなく香港, ソウル、ビルバオ(スペイン), サンセバスチャン(スペイン)等、世界各国の都市で活動している。IdN, +81 Magazine, GQ, Nylon, W Magazine, Hidden Champion等、様々な媒体からも取り上げられている。
Website: www.YoonHyup.com

◆「LUMINE meets ART エレベーターアート」とは
ルミネ新宿店ルミネ1のエレベーターをラッピング装飾するアートです。LUMINE meets ARTの常設展示として、お客さまに「いつものルミネ+α」を提供しています。

--------------------------------------------------
【一般のお客さまからのお問合せ先】
「LUMINE meets ART AWARD」事務局 E-mail: lmaa@hpgrp.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事