logo

料理教室主宰者を対象としたパルマハムセミナーを開催

パルマハム協会 2016年08月08日 12時42分
From Digital PR Platform


パルマハム協会は、貝印株式会社(本社:東京都千代田区)の協力を得て、7月28日(木) 貝印社内のキッチンスタジオKai Houseにて料理教室主宰者20名を対象としたパルマハムセミナーを開催しました。プレゼンテーションを使ったパルマハムの紹介に続き、パルマハムスペシャリスト*の一人で、パルマの郷土料理を提供する恵比寿のイタリアンレストラン「ペレグリーノ」の高橋隼人シェフを講師に、パルマハムの特長、パルマハムの美味しさを引き立てる食べ合わせ、自宅で簡単に作れるレシピを紹介しました。

まず、パルマハムの原木から、肉質や味わいの特徴が大きく分かれるフィオッコ(内モモ)、クラッタ(外モモ)、ガンベット(すね)の3つの部位をスライスして味わってもらいました。続いて、それぞれの部位の特徴に合わせて果物、パルマの揚げパン「トルタフリッタ」、バターとパンを合わせて提供し、さらなる味わいの広がりを楽しんでもらいました。最後に家庭でも楽しめる簡単な料理として、発酵なしのフラットブレッドで作るサンドイッチ「ピアディーナ」を紹介しました。

参加者からは、薄くスライスされたパルマハムの美味しさを初めて知った、チーズのような風味が特徴的だった、部位別に特徴が異なることへの驚きとそれぞれに合わせた食材の組み合わせが非常に興味深かったとの感想がありました。参加頂いた料理教室主宰者の方々を通して、より多くの方にパルマハムの魅力が伝わることを期待しています。

昨年度は過去最高の125,000本のパルマハムが日本に輸出されましたが、まだまだ正しい取扱い方が広く知られていないのが現状です。パルマハム協会では今後もプロフェッショナルを対象としたセミナー活動を積極的に展開して本当のパルマハムの美味しさを伝え、パルマハムの美味しさを引き出す秘訣を多くの方に知ってもらいたいと願っています。


*パルマハムスペシャリスト:パルマハム協会が世界的に展開しているプログラムで、最良のパルマハムを見定めてお客様に提供している販売店、飲食店のプロフェッショナルを「スペシャリスト」として認定し、協会の販促活動に協力してもらっています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事