logo

株式会社レッド・プラネット・ジャパン(JQS3350)に向けた事業支援投資のお知らせ

Oakキャピタル株式会社 2015年09月02日 09時45分
From 共同通信PRワイヤー

2015.9.2

Oakキャピタル株式会社

株式会社レッド・プラネット・ジャパン(JQS3350)に向けた事業支援投資のお知らせ

1.フード事業の成長戦略 (レストラン事業、スイーツ事業、ファーストフード事業の展開)
レッド社は、フード事業およびホテル事業で早期に拡大を図り、安定的な収益基盤を構築することを重要な経営目標にしております。同社は前年より、16店のレストラン事業の買収やニューヨークの人気カップケーキ「マグノリアベーカリー」を日本で展開、また、ハンバーガーのウェンディーズ・ジャパン合同会社との業務提携を行いました。最近では、新規のフードブランドとして全世界で1,000店のチェーンを持つ人気のフライドチキン「Kyochon(キョチョン)」との合弁会社設立による共同展開計画など、積極的なフード事業の拡大を進めています。
2.事業の拡大を目的としたフード事業会社のM&A計画を支援
レッド社は、早期にフード事業の規模拡大を目的に、ある一定の規模を持った既存会社のM&Aを行うことを事業戦略としております。当社はそのM&A資金を支援します。
3.フード事業の多店舗展開を目的とした資本提携および事業提携を支援
レッド社は、自社のフードブランドの多店舗展開を図ることを目的に直系のフライチャイジーとして、株式会社アジェット(東証2部:7853、以下「アジェット社」)と資本事業提携を行います。提携するアジェット社にとっては、レッド社が保有する各フードブランドの多店舗展開を図ることで、自身の経営ならびに事業の再生につなげる計画です。この提携によりレッド社はアジェット社の株式を31.3%保有する筆頭株主となり、レッド社の持分法適用関連会社となります。 
【レッド社のフード事業の戦略ポイント】
(1)フード事業会社への買収および資本参加
(2)アジェット社との資本提携並びに業務提携
(3)マグノリアベーカリー等の海外展開
 当社は、レッド社が推進する事業計画は同社の事業基盤の確立と収益力向上につながり、企業価値向上に向けた経
営戦略として支援を引き受けるものです。
4.当社は新株及び新株予約権による20億円のエクイティファイナンス引受を行います
Oakキャピタルの引受
新株の引受                    3億円
新株予約権の引受                   17億円
合     計                  20億円
5.投資後の出資比率
投資総額の当社出資比率は22.15%であります。
6.投資実行の予定日
払込期日:平成27年9月17日

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。