logo

(仮称)京橋一丁目ホテル計画 着工 2016年秋 開業予定


今般、東京都中央区京橋1丁目3番地において、「(仮称)京橋一丁目ホテル計画」を着工いたしましたのでお知らせいたします。

■本プロジェクトは、柏原紙商事株式会社が所有する「柏原ビル」跡地に柏原ビル株式会社がホテルを建築し、竣工後三井不動産グループが賃借し三井ガーデンホテルとしてホテル運営を行うものです。開業は2016年(平成28年)秋を予定しています。

■当計画地はJR「東京」駅が徒歩圏内であり、また地下鉄銀座線「京橋」駅からは、近年外国人観光客が増加している銀座や、再開発が進み注目が高まっている日本橋エリアへも好アクセスの立地です。

■三井ガーデンホテルチェーンは、現在、全国で18施設4,809室を運営しており、当ホテルは、東京都内では2014年12月にオープンした「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京(329室)」に続き、6軒目の三井ガーデンホテルとなります。また、同じ2016年には「(仮称)三井ガーデンホテル名古屋(約300室)」の開業を予定しており、総客室数は5,000室超となる予定です。

■三井不動産グループは、今後も、大都市圏や地方政令指定都市において積極的に新規展開を行うとともに、アッパーグレードの宿泊主体型ホテルとして「お客様の五感を満たすホテル」、「記憶に残るホテル」を目指し、ホスピタリティー溢れるサービスの提供に努めてまいります。


<計画概要>
所在地:東京都中央区京橋1丁目3番地
敷地面積:736.01m2(222.64坪)
延床面積:9,055.55m2(2,739.30坪)
構造規模:S造 地上15階、塔屋2 階
客室数:約240室(予定)
事業形態:柏原紙商事株式会社の所有地を柏原ビル株式会社が借地し、ホテルを建築。建築建物ホテル部分を、三井不動産株式会社が賃借し、株式会社三井不動産ホテルマネジメントがホテルとして運営。
設計・施工:戸田建設株式会社
開業予定:2016年 秋(予定)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。