logo

「tenki.jpラボvol.3」を公開 ~台風、その時あなたは?みんなの防災意識調査~

日本気象協会 2014年08月19日 14時00分
From PR TIMES



 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp( リンク )」では、2014年8月19日(火)より、同サイト内の『tenki.jpラボ( リンク )』において、台風に関する防災意識の調査結果をまとめたtenki.jpラボ vol.3を公開いたします。

■『tenki.jpラボ vol.3』
『tenki.jpラボ』では、より天気・防災に興味を持っていただくことを目的として、天気・防災にまつわる情報を、意識調査や気象予報士の知恵、時節ネタなどを絡めて発信しています。
第3回目となる今回は、「台風に対する防災意識」について、一般の方に意識調査を実施しました。調査結果から、「台風が危険であるという意識を持っている人は意外と少ない」、「子供にも必要な台風に備えるための知識は、実は大人がしっかり教えてあげられていない」などがわかりました。

調査内容:
Q1.台風がくる時に気を付けることは?
Q2.台風がきている時にやむを得ず外出したことはありますか?
Q3.台風がきた際に身の危険を感じたことはありますか?
Q4.台風などによる警報や特別警報が出た際の避難行動はわかりますか?
Q5.台風に備えるための知識を子供が持つことは大切だと思いますか?
Q6.自分の子どもに台風時の避難行動について教えたことはありますか?
Q1~Q4調査概要 【調査対象】 全国の20代-50代 男女 合計400名
Q5~Q6調査概要 【調査対象】 全国の20代-50代 小中学生と同居する男女 合計200名

■アンケート結果ピックアップ
Q 台風がきている時にやむを得ず外出したことはありますか?
A 画像の通り、約4割の人が、台風の中やむを得ず外出。会社や人の頼みは断れないのか…?


その他のアンケート結果、ならびに 台風に備える基礎知識に関して tenki.jp内の「tenki.jpラボで」公開しております。
URL:(PC) リンク

---------------------------------------------------------------------------------------
日本気象協会は、1950年の設立以来、60年以上にわたり、広域予報にとどまらない、より生活に身近な都道府県単位の気象予報やピンポイントの気象予報を各メディアや、自社メディアを通して発表している民間の団体です。国内の民間事業者としては最大の規模で、全国に支社や支店、事業所があり、天気予報のエキスパートである気象予報士265名(2014年7月現在)が多面的に業務に関わり、気象予報の業務に関しては24時間365日体制で最新の情報を発信しております。

日本気象協会が運営する天気予報専門サイト「 tenki.jp 」
日本気象協会が発表する気象情報を、いつでもご覧いただけるようにWEBサイトを通じて全て無料で発信しているのが「 tenki.jp 」です。(月間PV数 約100,000,000/2013年・自社調べ) 生活にかかせない天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報も確認できます。気象予報士が日々更新する「日直予報士」が、人気コンテンツです。
リンク
■Twitter: リンク ■Facebook: リンク
---------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。