logo

加賀アミューズメント(株) アミューズメント施設向けマルチ電子マネー決済システムの実証実験を11月から開始します!

2013年10月23日
加賀アミューズメント(株)
報道関係者各位


アミューズメント施設向けマルチ電子マネー決済システムの
実証実験を11月から開始します!


加賀電子株式会社(東証1部:8154)の100%子会社で、業務用アミューズメント機器の販売を行っ
ている加賀アミューズメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋信佐、以下、
KGA)は、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発株式会社(本社:東京都江東区、代表
取締役社長:皆木健司、以下YSD)とヤマトフィナンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取
締役社長:栗栖利蔵、以下YFC)と共同でゲームセンターをはじめとしたアミューズメント施設におけ
る電子マネー決済システムの実証実験を開始することになりましたので、お知らせいたします。

今回、共同で行うマルチ電子マネー決済システムの実証実験は、パナソニック システムネットワーク
ス製のマルチR/Wを搭載し、SuicaやPASMOなどの交通系やWAON、nanacoといった流通系、
更に楽天Edyを加えた複数の電子マネーに対応した読み取り決済端末をアミューズメント施設内に
あるゲーム機器に取り付けて、電子マネー決済でゲームプレイ出来る仕組みを構築し、顧客の電子
マネーの利用傾向を調査するものです。また、昨今モバイル系ゲームやテーマパーク等の大きく伸
長するエンターテイメントの市場がある中で、アミューズメント業界(以下AM業界)におけるイノベー
ションと新たな遊び方の創造に役立つことを期待しての試みでもあると位置付けております。
ゲームセンターをはじめとするアミューズメント施設では、硬貨による店舗運営が一般的となっており
ますが、電子マネー決済を導入することで、店舗側は現金管理業務の軽減や柔軟且つ細かな料金
設定の実現が図れる等の利点が生まれ、更に一方の消費者側にはポイントサービスの提供が受け
られたり、小銭利用の手間が省けるなどの利便性が生まれることにもなり、これらが結果的にAM業
界全体の発展につながってくると期待をしております。

今回予定する実証実験で得られた結果は、AM業界団体である日本アミューズメント産業協会(略称、
JAIA)並びに一般法人日本アミューズメントマシン協会(略称、JAMMA)を通じてAM業界全体に対し
広く公表し、電子マネー決済の導入による様々な効果を実際の市場ニーズとして捉えるのと同時に、
一方で存在する解決して行かなければならない課題に対して、より具体的な検討及び協議を進めて
行くきっかけとすることも一つの目的としており、今回の実験は大変に重要且つ意義のある取り組み
であると考えております。

◆実証実験の実施概要
実施時期 : 2013年11月8日(金)~2014年1月頃
実施店舗 : (株)タイトー タイトーステーション新宿東口店 (株)ソユー プレイランドソピア御所野店 
※WAON専用端末で2013年10月21日先行導入中


◆当実証実験用マルチ電子マネー決済システムの特徴
1)複数の電子マネーに対応したシステム
2)柔軟なプレイ単価の設定を実現
3)無人オペレーションでの稼働を実現
4)各種電子マネー事業者のポイントサービスを提供
5)ゲーム機器それぞれに設置可能なコンパクトな端末


◆今後の展開
実証実験の結果をもって、消費者と店舗側のニーズや課題をJAIA並びにJAMMAで考察、分析し、
AM業界における当システムの本格導入を視野に入れつつ、消費者が電子マネー決済で得られるポ
イント、クーポン、スタンプ等の販促支援サービスの仕組みや、これからの世の中に合ったAM業界独
特の特徴なども組み入れた使い勝手の良いトータルインフラの提供を目指して、JAIA並びにJAMM
Aを中心にAM業界全体の取り組みとして、今後も当システムの更なる協議、検討を進めて行く予定
でおります。


<このリリースに関するお問合せ先>
加賀アミューズメント株式会社(リンク
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-12-8 
TEL :03-4455-3182/FAX :03-3254-7259
営業部 営業1課 担当: 新家 秀幸 (e-mail: h_shinya@kga.co.jp)






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事