logo

日本クアンタム、データセンター向けにデータ保護を変革する 新オブジェクト・ストレージ製品「Lattus-D」の販売を開始

日本クアンタムストレージ株式会社 2013年09月05日 11時00分
From DreamNews

データ保護およびビッグデータの管理で豊富な実績を持つ日本クアンタムストレージ株式会社(東京都豊島区、以下、日本クアンタム)は、本日、同社のオブジェクト・ストレージ・ソリューション「LattusTM」シリーズの新製品で、データセンター向けにバックアップとアーカイブを提供する「Lattus-D」の販売を開始します。同時に、クアンタム・コーポレーション(以下、クアンタム)と、米CommVault社とデータ保護とアーカイブ戦略における協業を発表します。

両社の協業により、「Lattus-D」とCommVault社の管理ソフトウェア「Simpana 10ソフトウェア」を連携し、オブジェクト・ストレージ・ソリューションを拡張することで、データセンター内で集中型のバックアップとアーカイブを実現するソリューションの提供が可能になります。また、同ソリューションにより、プライマリ・ストレージにおけるコスト削減やバックアップ性能の最適化、また、複数のPB単位の環境における管理の複雑さや設備費を最小化できます。

LattusとSimpanaのパワーを結合することで新しい集中型のデータセンターを実現
クアンタムの「Lattus-D」を使用すれば、世界各地に配置されたアーカイブ・データに対しニアライン・アクセスが可能になるほか、「フォークリフト・アップグレード」を必要としない高度にスケーラブルな低コストのディスクベースのソリューションを提供します。また、従来型のRAID製品よりも優れた耐久性を保持し、自己修復機能および自己保護機能を搭載しているため、レプリケーション無しに複数のサイトの保護を自動的に実行できます。そのため、バックアップを行う必要がない高度な復元性と災害耐久性を備えたスケーラブルなアーカイブ・リポジトリーを構築できます。
一方、CommVault社の「Simpana」は、バックアップ、アーカイブ、ディザスター・リカバリーのレポーティングを統合するシングル・ソフトウェア・プラットフォームであり、コストとリスクを制御できる集中型のデータ管理を提供します。クアンタムの「Lattus-D」とCommVault社の「Simpana」との組み合わせにより、企業は、アーカイブ・データの単一インスタンスをLattus上に保存するだけで、従来型の冗長コピー・データ保護スキームが提供するソリューション以上に、堅固なデータ保護を実現できます。さらに、遅延の少ないデータ・アクセスが行えるというメリットを享受できます。

クラウドベースのオブジェクト・ストレージをデータセンターに提供
「Lattus-D」は、S3 RESTインターフェイスを通じて「Simpana」と簡易に統合でき、「Simpana」のバックアップ、アーカイブ、ディザスター・リカバリーなどの総合的管理機能の活用を可能にします。一方、「Simpana」は、ネイティブなLattus REST APIにより、PB規模の環境向けにクラウド・アーカイブ・テクノロジーを提供するほか、自動化されたシンプルなデータ移動や管理を実現します。結果として、データセンターを運営する顧客は、プライベート・クラウド・ストレージの提供するメリットを自社データセンター環境で実現できます。

クラウド規模の Lattus実装
クアンタムは先月、Lattus Demo Labを開設しました。これは、米Switch社の最先端のデータセンターであるSUPERNAPに配置されている施設であり、現時点で利用可能となっています。顧客は将来、自社のデータ保護戦略を構成するクラウドベースのコンポーネントとして、SUPERNAPデータセンター内に設置されたLattus製品を利用できるようになります。
詳細は、
リンク
(英語)によりご確認ください。

支持表明
CommVault社のワールドワイド・マーケティングおよびビジネス開発部門、
シニア・ディレクター、 Jeff Echols氏
「現在、多くの企業が、自社データが常時、最も効率的なストレージ上で利用可能であることを保証し、ビジネスニーズに対応する能力を改善するために、最新のデータ管理戦略を採用しています。弊社のSimpana 10ソフトウェア・プラットフォームは、データをインテリジェントにアーカイブし、IT部門やエンドユーザーがイノベーティブな方法で、アーカイブ・データを再目的化できるようにすることで、情報価値を向上します。Lattus-Dはアーカイブ・データ用の優れた自己保護コンテナを提供するため、LattusとSimpana 10を組み合わせることにより、これまでプライマリ・ディスク上に保存されていたデータを低コストで効率的に保護できる理想的なソリューションを作成できます」

ガートナー社のシニア・アナリスト、Dave Russell氏
「データ保持と大量のデータのコピー処理の最適化に失敗したIT組織は、今後も増加するストレージコストに悩まされ、自社組織におけるガバナンス・リスクを拡大することになります。アーカイビングは確実にストレージ量を減少するため、組織は優れたアーカイビング環境の実装と管理を実行する必要があります」

クアンタムのデータ保護グループ、シニア・バイスプレジデント、Robert Clark
「当社は、ビッグデータ用のオブジェクト・ストレージを扱った経験により、従来型のデータ保護分野には、Lattus-DとSimpanaの連携ソリューションにより明確に対処できる非常に多くのニーズがあることを確認しています。ユーザーは今や、プライマリ・ディスクを常時追加することなく、自社の貴重なアーカイブ資産を保持できる新しいバックアップおよびアーカイブ・アーキテクチャを手にしています。同ソリューションの使用により、顧客は、アクティブ・データと静的データに関する自動化されたポリシーベースの階層化によりコスを削減できるほか、ビジネス情報へのアクセスを改善し、生産性を向上させることができます」

Lattusシリーズに関する情報:
リンク

CommVault社に関する情報:
リンク

【製品の価格および出荷開始時期】
「Lattus-D」は、本日より、日本クアンタムとその認定を受けたリセラーおよびパートナーから販売され、出荷開始時期は、2013年10月からを予定しています。価格の詳細は、当社販売パートナーにお問い合わせください。

「Lattus-D」についての詳細は、以下をご参照ください。(英語)
・クアンタムの Lattus-DとCommVault社のSimpanaの連携に関する詳細:リンク
・クアンタムのオブジェクト・ストレージ・ソリューションの詳細 :リンク
・クアンタムのLattus オブジェクト・ストレージの詳細:www.quantum.com/products/bigdatamanagement/lattus/index.aspx
・クアンタム社のブログ(オブジェクト・ストレージに関する記事を含む):
リンク

クアンタムについて
クアンタムは、データ保護およびビッグデータの管理における豊富な実績を持つグローバル企業であり、従来環境、仮想環境、およびクラウド環境向けの専用のストレージ・ソリューションを提供します。クアンタムは、データのライフサイクルを通じたデータの保護および保存を行うことでデータの価値を高めることにおいて、小規模ビジネスから多国籍企業まで、100,000を超えるお客様からの信頼を得ています。お客様は、クアンタムと取り組むことで、変化し続ける世界(より多くのデータをより長期に保存し、今日から明日への橋渡しを行い、およびコストを削減する)に確実
(Be CertainTM)に適応することが可能になります。詳細はwww.quantum.com/BeCertainをご覧ください。

* Quantum、Quantum ロゴ、 Be Certain、Lattusは、クアンタム・コーポレーションの登録商標または商標です。


お問い合わせ先
日本クアンタム ストレージ株式会社 (リンク
email:japan_info@quantum.com
Tel: 03-5978-0070(代表)
マーケティングマネージャ
伊藤 健二

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。