logo

2012年末にやっておきたいことはデスクトップの整理だけじゃない、パソコンの大掃除。ソフトウェアのアップデートが自身の業務パフォーマンスを向上させる!?

ソフトウェアのアップデートは、「パソコンを今現在の脅威に耐えられるセキュリティ状態」にする意味をもち、パソコンが最大限のパフォーマンスを発揮するためにも重要な意味を持つ

セキュリティ対策ソフトを開発・販売するトレンドマイクロ株式会社では、2012年はITセキュリティのニュースが一般のメディアにも大きく取り上げられたことから、セキュリティ対策を行わないことの危険性とその対策について訴え、年末年始の機会に、「パソコンを今現在の脅威に耐えうるセキュリティ状態」にするためのソフトウェアアップデートの実施を推奨いたします。


■ソフトウェアアップデートが自身の業務パフォーマンスを向上させる!?
2012年もあとわずか。年末くらいは、オフィスや自宅の大掃除に取り組みたいところです。同時にぜひ実施していただきたいのが、パソコンの大掃除です。パソコンの大掃除とはデスクトップを整理したり、不要なファイルを削除するだけではありません。「環境の最適化が本来のパフォーマンスを引き出すこと」と捉えれば、パソコンにインストールしたソフトウェアのアップデートも見逃してはなりません。仕事などで、毎日パソコンを使う人にとっては、パソコンが最大限のパフォーマンスを発揮することは重要なことでしょう。

■パソコンの「大掃除」、すなわちソフトウェアのアップデートの意味とは?
なんとなく気になっているが、忙しさに追われて先延ばしになってしまいがちなのが、ソフトウェアのアップデートです。
ソフトウェアのアップデートは、パソコンの性能を最大限に引き出すために非常に重要な意味を持っています。データ処理能力の速度だけでなく、安全に毎日使うことができる状態も重要なパソコンのパフォーマンスのひとつと言えます。
例えばインターネット上に存在する大量のコンピュータウイルスなどの不正プログラムも、パソコンのパフォーマンスに影響を与えます。つまり、ソフトウェアを最新版にアップデートすることは、「パソコンを今現在の脅威に耐えうるセキュリティ状態」にするという重要な意味を持ち合わせているのです。

現在のWeb上にはあたりまえのようにコンピュータウイルスなどの不正プログラム、フィッシング詐欺といった脅威が多数存在しています。特に2012年は、「遠隔操作」「なりすまし」といった事件も広く報道されました。それらの脅威は日々増え続けるだけでなく、日々進化しています。昨日までは大丈夫だったかもしれませんが、今日も大丈夫であるという保証はありません。
ソフトウェアは、最新バージョンにアップデートしていなければ脅威に対してリスクが増加するのです。

■アップデートの方法
使用しているパソコンの画面上に「ソフトウェアのアップデートが必要」というメッセージが出た場合に、すぐアップデートをしていないなら確認した方が良いでしょう。
トレンドマイクロでは、以下のようにソフトウェアアップデートの方法をわかりやすく説明しているので、ぜひご確認ください。2013年に向け、あなた自身の業務パフォーマンスを向上させるためにも、パソコンの大掃除をおすすめします。

・Java を最新版にする:
リンク

・Adobe Reader を最新版にする:
リンク

・Adobe Flash Player を最新版にする:
リンク

・Windows Update:
リンク

・セキュリティソフト:
リンク

<関連リンク>

大型連休中もセキュリティ対策を忘れずに
リンク

トレンドマイクロ株式会社
リンク


本リリースに関するお問い合わせ先
トレンドマイクロ株式会社 マーケティング本部 エンタープライズマーケティング部
enterprise-campaign@trendmicro.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事