logo

Webアプリ、HTML5対応サイト制作サービスを本格開始



大阪を拠点にWebサイト、ソーシャルメディア、ソーシャルアプリ、マルチデバイス対応Webアプリの企画、構築、運用を手がけるマインドフリー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:レオン・メイ・ダニエル、以下 マインドフリー)は2011年9月20日Webアプリ開発サービスを開始しました。

Webアプリの特徴として、URLにアクセスするだけですぐ使えることや、アプリストアなどへ申請や認証するというフローが必要なく、様々なプラットフォームでコンテンツを同時に提供できるといった優位性があります。またアプリとしてサイトと別に提供することでネイティブアプリとおなじように工夫次第で、エンターテインメント性の高い凝ったコンテンツを提供することも可能となります。今後ますます多様化するデバイスへの対応の必要性と共に、短期間で行われるプロモーションや、イベントでの利用など、よりスポットでの利用に対する需要が高まると予測されます。

マインドフリーではすでに双方向通信型Webアプリ「まじかる☆ビンゴCOCORO」の開発実績もあります。このWebアプリの特徴としてはHTML5、node.js、Socket.IO といった先端の技術を駆使して開発しており、OSに依存することなく様々な機種のスマートフォンや、タブレット端末、PCなどブラウザーがあれば無料で使うことができます。とくにビンゴゲームということで、前提として大人数での同時利用が必要となるため、効率の良い通信処理を行うnode.jsで実装することで大量通信に耐えうる双方向通信をじつげんしました。このWebアプリはすでに複数回100人規模のイベントやセミナーで活用された実績があります。

今回リリースした「Webアプリ開発サービス」に加え、mixiページなどの新しいサービスや、新端末の登場などめまぐるしいスピードで日々進化し続けるニーズに応えるため、マインドフリーでは最新の技術やトレンドに関連した取り組みや実績の情報の配信を行うため「Tech Release」(URL:リンク)を同時に公開しました。「Tech Release」では今後も最新技術の可能性を探りつつ随時配信していく予定です。


【関連URL】
Tech Release:リンク
まじかるビンゴ☆COCORO:リンク
Handy Stadium(ハン☆スタ):リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。