logo

新たなユーザ・インタフェースを主導するセンシング・ソリューションをMWCに出展

STマイクロエレクトロニクス 2011年02月17日 09時50分
From PR TIMES

10種のセンシング自由度と10箇所の同時タッチ検出で
モバイル機器のユーザ体験を強化
--------------------------------------------------------------------
モバイルおよび携帯型機器向け半導体の設計・生産に関して世界をリードする
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、バルセロナで開催される
Mobile World Congress(2011年2月14~17日)において、最新の革新的な製品を
出展します。STのブース(Hall 7A/106)では、今後の携帯電話やその他の携帯型
機器向けに自然なユーザ・インタフェースを実現するモーション・センサ、タッチ・
センサおよび近接センサの高性能な機能を紹介します。

コンスーマおよび携帯型機器向けMEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)
センサの主要サプライヤであるSTは、主要なモーション・センサ市場で最大の
シェアを獲得しています(1)。STの加速度センサならびにジャイロ・センサは、
多数のスマートフォン、ゲーム機器、リモコン等で「動き」による操作が可能な
ユーザ・インタフェースを実現してきました。STは、最先端MEMS技術を用いて、
加速度センサ、ジャイロ・センサ、磁気センサ、圧力センサを含む複数センサの
1パッケージ化を進めており、機能と性能の飛躍的な向上を主導しています。
Mobile World Congressで展示されるSTの統合センサ・アプリケーションは、
加速度・角速度・磁気の各物理量に対する3軸検知に加え、圧力センサ(温度・
気圧・高度)の測定値を組み合わせることで最大10種のセンシング自由度を
提供します。

次世代モバイル・ユーザ・インタフェースでは、スマート・タッチ検出と
近接検出がモーション検出およびジェスチャー認識を補完します。STの包括的な
製品ポートフォリオは、静電容量方式と抵抗膜方式のタッチスクリーンに対応
します。また、シンプルなアプリケーションから複雑なマルチタッチ・
ソリューションをサポートするため、高い感度とノイズ耐性を備えています。
STはMobile World Congressにおいて、10本の指を同時に使った高速操作や、指と
タッチペンの同時制御を実現するスマート・マルチタッチ・ソリューション、
およびユーザの耳や顔の接近を検知することで音声通話中は電話機の画面を
オフにする近接センサのデモを行います。

STは、モバイル・プラットフォームのサプライヤと機器メーカーに対して、
世界水準のソリューションを提供しており、モバイル業界向けに毎年数十億個の
製品を出荷しています。STのモバイル向け製品には、MEMSセンサやタッチ検出
デバイスの他、電源管理IC、オーディオ・ドライバ、イメージ・センサおよび
モジュール、画像処理プロセッサ、インタフェース・相互接続用IC、保護・
フィルタIC、無線周波数IC、ならびに標準・セキュア・マイクロコントローラが
含まれています。STは、全ての主要標準化イニシアティブに積極的に参加しており、
顧客における複雑さ・コストを低減し、製品開発期間の短縮を目的として、業界
標準およびオープン・プラットフォームの使用や、相互運用性の促進に努めて
います。

(1) iSuppli社2011年1月:「H2 2010 Consumer and Mobile MEMS Market Tracker」

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2010年の売上は103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。