logo

「ネットワークにお金を使いすぎていませんか?」 ノーテル、コスト削減を見える化するオンラインツール「Nortel Energy Efficiency Calculator」を公開

ノーテルネットワークス株式会社*(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平松敏之)は本日、独立専門機関によるエネルギー効率に関する調査結果を公表するとともに、企業のネットワーク管理者や経営者などがネットワークの運用や設計の際に、エネルギー消費効率や消費電力を簡単に比較できるオンラインツール「Nortel Energy Efficiency Calculator」を公開したことを発表しました。Nortelが提供する省エネルギーのネットワーク・ソリューションは、ネットワークのエネルギー消費量および運用コストの削減、そして環境保護を推進します。

このたび米国の独立系専門機関Tolly Groupが新たに実施した調査**によると、Nortelの製品がエネルギー効率に優れ、競合他社の同等製品に比べ、消費電力が少ないことが実証されました。同調査では、Nortel製品と競合他社の同等製品をエンドツーエンドで導入した場合を比較して、5年間運用した場合にかかる運用コストが競合他社の場合、最大で64%もNortel製品より高くなることが示されました。


Nortelは今回の調査結果の公開と同時に、エネルギー消費効率およびコストの削減量を簡単に比較できるオンラインツール「Nortel Energy Efficiency Calculator」を公開しました。本ツールは、ユーザーごとのネットワーク導入計画に基づき、ネットワーク構成や導入台数を入力しエネルギー消費量や運用コストを地域ごとの電気料金に基づいて計算することで、今後のエネルギー消費量、電気使用量を予測することが可能です。


「Nortel Energy Efficiency Calculator」を使用することで、ネットワーク管理者やネットワークの導入における意思決定者は、ネットワーク設計時に、ネットワーク配備におけるさまざまな条件を検討し、Nortelソリューションを使用したときのエネルギー・コストの節減の可能性を判断することができます。このように、本ツールはエネルギー・コストの削減を「見える化」するITプランニング・ツールといえます。本ツールはシンプルで直観的に操作できるよう設計されています。


Nortelのソリューションを使用してどのようなエネルギー効率の向上とコスト削減を実現できるかをご理解いただくために、以下のウェブサイトをご覧ください。
ウェブサイト リンク
※各ページは英語での表記となっていますが、Nortel Energy Efficiency Calculatorの地域(Location)で日本(Japan)を選択することで、円単位での節約金額を取得することができます。


顧客企業からのコメント


現在、エネルギー消費量削減を理由に、Nortelの製品ソリューションを導入する企業が増えてきており、企業におけるエネルギー消費効率および環境保護に対する意識の高まりを示しています。エネルギー問題に取り組んでいる顧客企業としては、米国の心臓血管の治療分野で有数のプレイリー・カーディオバスキュラー・コンサルタント社 (Prairie Cardiovascular Consultants)、同じく米国で有数の楽器およびオーディオ機器の小売スイートウォーター・サウンド社 (Sweetwater Sound)、カナダの環境保護に関する児童学習を推進する非営利組織であるアース・レンジャーズ (Earth Rangers) 、そしてパートナー企業として米国のロンコ・コミュニケーションズ・アンド・エレクトロニクス社 (Ronco Communications and Electronics Inc.) などが挙げられます。


米プレイリー・カーディオバスキュラー・コンサルタント社
米国内で心臓血管の治療分野でリーダー的な存在であるPrairie Cardiovascular Consultantsは、3カ所の主要な施設と州全域に分散する29カ所のリモート・オフィスをサポートする耐障害性の高い、高速データ・インフラストラクチャーを構築しました。同社は、NortelのEthernet Routing Switch 8600および5500シリーズを導入しています。Prairie Cardiovascularのシステム・エンジニアリング部門マネージャー、ショーン・オハラ(Sean O'Hara)氏は、次のように述べています。「NortelのEthernet Routing Switch シリーズを導入したことで、高度な冗長性を備えたネットワーク・コアを実現できただけでなく、大幅なエネルギー消費と発熱量の削減を実現することができました。Nortel Energy Efficiency Calculatorを使用して分かったことは、当社のデータセンターおよびコミュニケーション・センターでNortelのエネルギー効率の高い製品を導入すれば、5年間の運用で競合の同等製品に比べ数千ドルも節約できるということでした。」


オハラ氏は、続けて次のように述べています。「病院の最重要事項は患者のケアです。Nortelのソリューションを使用することで、ネットワーク関連のエネルギー消費を減らし、最も必要とされる場所でエネルギーを効率よく使用することができます。加えて、ネットワーク製品の冷却設備に関するエネルギー消費量も同様に削減できています。」


米スイートウォーター・サウンド社
楽器およびプロ向けオーディオ機器の有数の小売業者であるSweetwater Soundは、最近、インディアナ州で初めてLeadership in Environmental and Energy Design(LEED)のGold認定を取得した、環境に配慮した本社ビルを建設しました。エネルギー効率に対して関心が高い同社が、環境に対する理念を補完するネットワーク・ソリューションを選択することは当然の選択でした。Sweetwaterの事業部長、ジョン・ホプキンス(John Hopkins)氏は次のように述べています。「Nortelのネットワーク・ソリューションを選択したことは、私たちがやるべきことだったと考えています。当社は常に環境のことを深く考えてきました。『環境に優しい』ビルという概念は、建物だけにとどまりません。今回の選択は、全体を考慮した包括的な計画なのです。当社はNortelのデータ・ネットワーク、音声、およびコンタクト・センター・ソリューションを採用しているのですから、同社がエネルギー効率に重点を置いているのは喜ばしいことです。」


ホプキンス氏は、続けて次のように述べています。「Nortel Energy Efficiency Calculatorを検討したところ、このツールが各企業にとって、音声およびデータ・ネットワークの電力消費量とBTU負荷をモデル化するための大きな進歩であると確信しています。このツールが持つ機能は、当社がデータセンターの冷却および電力の必要量を把握し削減する能力をもたらし、それがLEED認定にもつながったのです。また、当社は数年来Nortelの顧客だったため、このツールは全体的な計画にも取り込むことができました。当社のエネルギー効率の良さは、最初からNortelソリューションとともにあったと言えるでしょう。」


加アース・レンジャーズ
Earth Rangersは、エンターテインメントの手法で環境保護に関する児童学習を推進しているカナダの非営利組織です。環境に対する配慮を示すものとして、LEED Gold認定を取得した本部ビルは、同サイズの通常のビルに比べエネルギー使用量を79%も低減しています。


Earth Rangersのエグゼクティブ・ディレクター、ピーター・ケンドール(Peter Kendall)氏は、次のように述べています。「エネルギーの節減とリサイクルにおいてNortelと我々は同じ意識を抱いています。Nortelは、多数のビジネス機能を単一のデバイスに統合することで冷却および電力の必要量を削減するコミュニケーション・ソリューションを設計し、これらの価値を組み込むことに成功しました。我々は、既存のデジタル電話機を再利用し、NortelのVPNテクノロジーを使用して従業員が毎日職場に通勤する代わりにリモートで仕事できることを喜ばしく思います。また、我々の組織が環境目標の達成を促進するためにNortelが協力してくれたことに感謝しています。」


米ロンコ・コミュニケーションズ・アンド・エレクトロニクス社
パートナー企業もNortel Energy Efficiency Calculatorの計り知れない価値を実感し、グリーンITイニシアティブを大幅に強化しています。


Ronco Communications and Electronics, Inc.のSales & Marketing部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ジョン・ローナ(John Wrona)氏は次のように述べています。「エネルギー効率は、多くの顧客の間で最も重要な関心事であり、エネルギー・ニーズを明確化する方法が購買決定時の極めて重要な検討事項になっています。Nortel Energy Efficiency Calculatorは、非常に使いやすくシンプルな上に、ネットワーク・エネルギーの必要量を明確化する正確な機能を持っています。」


Nortelのエネルギー効率の高いコンバージド・データ・ネットワーク・ソリューションは、大企業顧客におけるネットワークの存続期間全体を考慮すると、電力および冷却コストを何百万ドルも節減することができます。たとえば、数千のユーザーとIPデバイス(IP Phone)、および電気代が平均15セント/kW時のニューヨーク市に配置された数百のイーサネット・スイッチを接続している大規模なエンタープライズ・ネットワークにおいて、5年間の電力および冷却コストを比較すると、Nortelネットワークで運用した場合、主な競合他社の同等の設計に比べ、320万ドル安価になると推定されています。


Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。


当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。
**今回実施された調査結果は以下のURLに掲載されています。
リンク
調査レポート名:「ノーテル・コンバージド・データネットワーク・ソリューション:統合されたLANキャンパス、データセンター、WANにおけるエネルギー消費量と予測されるコストの評価について(Nortel Converged Data Network Solution: Evaluation of Energy Consumption and Projected Costs for a Converged LAN Campus, Data Center and WAN)」(英文)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。