logo

ネクスウェイ、BtoB(法人向け)に特化したネット販促サービスを本格提供開始

~ネットの広告販売に参入し、CRM連動を視野に入れたネット販促サービスを開始~

株式会社ネクスウェイ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 英二)
は、インターネットを利用したBtoB(法人向け)販促サービスを2006年1月
16日より、本格的にご提供開始いたします。

ネクスウェイは、このたびのBtoBネット販促サービス開始にあたり、主要な
検索エンジン連動広告サイトの提供者であるグーグル株式会社およびオーバー
チュア株式会社と代理店契約を締結し、「Googleアドワーズ広告」と「
オーバーチュア スポンサードサーチ(R)」の広告代理店として、「リスティン
グ広告*」をBtoB向け販促に注力する企業向けに拡販していくことになりま
した。これまで主にBtoC(消費者向け)市場で発達したインターネット広告
を、今後拡大が見込まれるBtoB(法人向け)販促シーンに活用していく事に
より、より販促効果の高いサービスのご提供・ご提案を行ってまいります。

さらに、「リスティング広告」の他に、今回、HTMLメール送信機能を搭載
したメール配信ASPサービスを新たに商品ラインナップに加え、インターネ
ットを活用した「効果的な新規顧客の獲得」と「見込顧客や既存顧客の育成」
を目的としたサポートも行います。今回のネット販促サービスに、ネクスウェ
イが従来からクライアント企業向けにご提案してきた販促の企画、コンテンツ
作成、効果測定、顧客データベースの管理など、顧客との継続的なコミュニケ
ーションを実現する一連の販促ノウハウを連携しご提供いたします。

ネクスウェイでは、2004年10月に株式会社リクルートから分社化する以前よ
り、FAXを利用した企業間の販促サービスとして、FAX同報サービスの
「FNX販促Navigator」を中心に、既に9,000法人への導入実績を
持っています。FAX販促のリーディングカンパニーであるネクスウェイが、
その豊富なノウハウを活かしてネットとのクロスメディアによる販促をご提案
することにより、広告代理店だけでは実現できなかったトータルかつ効率的な
マーケティング活動の支援を目指します。

ネクスウェイでは、まずは既にFAXを販促利用されているクライアント企業
向けに、今回のBtoBネット販促サービスのご提案を開始し、新規導入企業も
含め、今後3年で30億円の売上を目指します。

■ ネクスウェイがご提供するBtoBネット販促サービス
1.クライアント企業にWebサイトを強力な販促ツールにしていただくため
の、リスティング広告+メール配信ASPサービス+ノウハウのご提供
2.クライアント企業に見込顧客育成や顧客向けクロスセルを実現していただ
くための、FAXまたはメールによる顧客属性や希望に合わせたコンテン
ツ配信(HTMLメールによる写真などの画像情報配信も可能)のご提供
3.その他各シーン毎に販促ノウハウのご提案・サポート
-広告効果の測定・分析
-顧客データベースの管理・運用
-販促企画・立案
-コンテンツ作成


■ FNX販促Navigatorについて
パソコン端末のコントロールソフトもしくは専用Webから、ネクスウェイが
構築済みのネットワークに送信指示を行うだけで同一情報の一斉配信ができま
す。FAX以外にも、E-mail&Web、郵送DMといった複数のメディ
アを組み合わせたOne to Oneコミュニケーションも可能です。

● 株式会社ネクスウェイについて
1988年からFAXを活用し、企業と企業、企業と消費者を結びつけるコミュニ
ケーションを支援してきました。現在ではFAXだけでなく、E-mail、
Web、携帯電話などを利用したサービスも強化し、クライアント企業に最適
な活用方法を提案しています。2004年10月、株式会社リクルートから分社し、
株式会社ネクスウェイを設立しました。
リンク

設立: 2004年10月1日
資本金:3億円
就業人員:355名(2005年10月1日現在)


■本件に対するお問い合わせ
 株式会社ネクスウェイ ネットビジネス開発部 
 ネットマーケティンググループ 担当:福田
 Tel :0120-441-688  e-mail : nminfo@nexway.co.jp
 URL : リンク


以上

用語解説

*リスティング広告:検索エンジンのキーワードに対応したテキスト広告で、
現在日本ではGoogleアドワーズ広告、オーバーチュア スポンサードサ
ーチ(R)等が大手検索エンジンに対応したリスティング広告を展開している。
検索連動型広告、キーワード広告ともいう。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事