logo

ドコモが4月からSIMロック解除--で、何が変わるの?

2011年2月25日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモが4月以降に発売するすべての端末にSIMロックの解除機能を導入すると発表しました。手数料を払えば、端末購入後すぐにもドコモショップでロック解除できるようにするそうです。

 日本では携帯電話の端末を特定の通信会社でしか使えないように制限(SIMロック)されています。一方、海外ではSIMカードを差し替えるだけで通信会社を問わず携帯電話の端末が使えるのが一般的。そこで総務省は2010年6月にガイドラインを発表し、通信事業者にSIMロックを解除するように協力を求めてきました。

 SIMロックの解除に対する通信事業者トップの意見は正反対です。ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、「さまざまな不具合が出てくる。解除した端末は単価が4万円ほど高くなる」と、NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏は、「SIMロックを解除したからといって端末の料金が高くなることはない」と、それぞれ主張しています。

 4月以降、SIMロック解除が実行されるとキャリア、メーカー、消費者、そして携帯電話業界にどのような変化が起きるのでしょうか。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    僕は東南アジア在住時、GSM携帯のSIMロックフリーが当たり前の世界にいました。
    携帯電話の端末は、モノによってはとても高価にもなるし、反面非常に安く入手できるモデルも多くありました。結論をいえば、消費者にとってSIMロックフリーが望ましいということです。キャリア別に端末を選ばなければならないというのは本質的に不自然な状況です。

    もちろん、例えばiPhoneやMacのように、OSと筐体のメーカーが一致している方が品質や性能を担保できる、ということはありますが、キャリアと端末が一致していなければならない理由は何もないのです。

    自由の代償として端末が高くなったとしたら?
    それでもいいじゃないですか。そのうちにはメーカーの企業努力で値段は下がります。そうでなければみんなが買い替えを控えてしまうのですから。

    2011-02-26 11:59:51
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集