MBO増加の背景と今後をどう読み解くか

2011年2月15日 13時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月3日の取引終了後、CD、DVDレンタル店「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がMBOによる非上場化を発表しました。

 MBOとはManagement Buyoutの略称で、経営陣による自社株式の買収を指します。1月末にも基幹業務パッケージソフト開発のワークスアプリケーションズがMBOの実施を発表するなど、2011年に入って株式非公開化が増加しているようです。

 上場廃止には、上場維持コスト負担と意思決定スピードの向上というメリットがある反面、投資家の投資の機会を奪ってしまうという側面も指摘されています。MBOの増加は今後、株式市場にどのような影響を与えるのでしょうか。


  • 村井亮
    村井亮さん (ビートコミュニケーション代表取締役社長)
    上場維持の費用は中小企業でも少なくとも年間5千万円から1億円と言われており、一般的にMBOの理由としては株安以外にも維持コストが高いことがあげられていますが、一方で国際会計基準(IFRS)の上場企業への適用も一部の企業の遠因になっているかもしれません。

    経営者にも色々なスタンスの方がいますので最終的に上場メリットを上場維持コストが上回ってしまうと傾向としてはMBOに動く企業が増えてくるのでしょう。そこで健全な市場を維持していくには今後の課題は下記の3つであると考えます。①は午前の取引時間を30分延長など本日メディアでも発表がございましたが、①魅力的な株式市場の整備②規模の小さめな会社は上場維持コストを軽減できる仕組み③MBOが株主の利益を毀損しないような仕組み作りなどであると思います。
    2011-02-22 19:13:24
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加