ネットの選挙活動解禁の動きをどう見る?

2009年11月6日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府がインターネットによる選挙活動解禁に向けて準備を進めていることが明らかになりました。原口一博総務大臣が公職選挙法の改正にあたり、総務省に論点整理を指示したとのことです。

 現在の公職選挙法は、ホームページやブログの更新や、掲示板への書き込みなど、選挙期間中の候補者や有権者のインターネット上での活動を禁じています。一方、前の衆院選で民主党はマニフェスト(政権公約)の中で、ネット選挙の解禁を明示しました。2010年の次期通常国会で公職選挙法の改正案を成立させることを目標に掲げています。

 これまでもネット選挙の解禁に向けた改正法案が国会で審議されましたが、誹謗中傷への対応などを懸念した声が高く、いずれも否決されてきました。ネットの選挙活動解禁の動きについて、パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    インターネットによる選挙活動解禁は、当たり前の流れ。しかし、解禁後、インターネットの世界の怖さを身にしみて感じるようになるでしょう。多くの有権者につながっているように見えて、何かを伝えるのは本当に難しいインターネットの世界。最初はとことん荒れるんでしょうね。。。。。何かを伝えたい対象の有権者側の意識を変える仕掛けが必要でしょう。有権者の信頼を勝ち取るためには、”つぶやき”をしていればいいという甘い考えだけは避けなければならないでしょうね。
    2009-11-08 17:33:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加