logo

Google OSへの期待はいかほど?

2009年7月9日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが2010年後半にPC向けのOS分野に進出することを明らかにしました。Googleのブラウザである「Google Chrome」をベースとしたもので、立ち上げると即座にブラウザが表示され、ブラウザ内ですべてのアプリケーションが動く、非常に軽量なOSとのことです。

 すでにAcerやAdobe Systems、ASUSTeK Computer、Freescale Semiconductor、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instrumentsなどの企業から協力を取り付け、ネットブックと呼ばれるローエンドPCへの搭載を目指しています。

 ウェブブラウザをベースとしたOSは「ウェブトップ」「ウェブOS」などと呼ばれ、これまでいくつものベンチャーが開発してきましたが、はたしてユーザーに受け入れられるでしょうか。またマイクロソフトのシェアを崩すことは可能でしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    PCのOSとしては、新しいものいらない、早く立ち上がってくれればそれでOK。しかし、Googleが狙っているのは本当にPCなのでしょうか。マイクロソフトの牙城をそう簡単に崩せないだろうし、「ウェブトップ」「ウェブOS」でなにか革命的なことが起こせるのだろうかと考えてしまいます。
    もしかすると、もっと先を見据えているのかもしれません。ちょっと想像してみました。妄想かもしれませんが、詳しくはブログに書いておきました。
    (リンク »)
    2009-07-24 14:43:33

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]