logo

モバイルOS、2009年の主役は?

2008年12月11日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナーの調査によれば、2008年7月-9月の携帯電話OSのシェアで、AppleがMicrosoftを抜いて3位に躍り出たそうです。1位はSymbian、2位はResearch In Motionでした。

 このところ、携帯電話のプラットフォームを巡る動きが活発です。MSは日本でWindows Mobile開発者事務局を設立することを発表しました。一歩先を行くAppleは、App Storeのアプリケーション数が1万以上に達したことを宣言しました。また近日中にもiPhoneをウォルマートで販売すると噂されています。

 そしてGoogleは、SIMロックフリーのAndroid端末「G1」を日本含む18カ国に販売することを発表したほか、同社のモバイルOS「Android」の利用を促進する「Open Handset Alliance」に新たに14の企業が参加することを明らかにしました。ソニー・エリクソンとHTCがAndroidフォンを発売すべく準備中との情報もあります。

 さて、2009年にモバイル業界の主役となるのはどのプラットフォームでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    ”BlackBerry”が一軍昇格!スター選手はiPhone,Androidが3番、4番打者。


    iPhone,Androidが登場した2008年と比べ、2009年、1軍のスター級の配役はそんなに変化はないのでは?景気も悪いので、携帯をがんがん買い替える気になるとも思えませんし。新たなサプライズもなく、去年のiPhone,Androidが進化していく年。主役はあくまでもiPhone&Androidでしょう。


    そんな中で気になるのは、”BlackBerry”!iPhone vs Androidで俄然真の実力が注目されるのは”BlackBerry”でしょう。企業向け端末として、これほど使いやすく便利な端末は実はないのですが今まで日の目を見てきませんでした。iPhoneが企業システムとの連携を中途半端に期待させてしまったので、その欲求が満たせ切れなかったユーザが”BlackBerry”へと流れる。


    とはいえ主役という意味ではなく、研修生からメインステージに参加できるというくらいの台数ではあると思いますが、企業向けでは圧倒的に支持されるポテンシャルは持っています。ということで2009年の注目は企業向け端末の分野で”BlackBerry”ということで。
    2008-12-22 10:41:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集