logo

モバイルOS、2009年の主役は?

2008年12月11日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナーの調査によれば、2008年7月-9月の携帯電話OSのシェアで、AppleがMicrosoftを抜いて3位に躍り出たそうです。1位はSymbian、2位はResearch In Motionでした。

 このところ、携帯電話のプラットフォームを巡る動きが活発です。MSは日本でWindows Mobile開発者事務局を設立することを発表しました。一歩先を行くAppleは、App Storeのアプリケーション数が1万以上に達したことを宣言しました。また近日中にもiPhoneをウォルマートで販売すると噂されています。

 そしてGoogleは、SIMロックフリーのAndroid端末「G1」を日本含む18カ国に販売することを発表したほか、同社のモバイルOS「Android」の利用を促進する「Open Handset Alliance」に新たに14の企業が参加することを明らかにしました。ソニー・エリクソンとHTCがAndroidフォンを発売すべく準備中との情報もあります。

 さて、2009年にモバイル業界の主役となるのはどのプラットフォームでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 清水亮
    清水亮さん (株式会社ユビキタスエンターテイメント 代表取締役兼CEO)
    仕事柄、ドコモさん、KDDIさんが採用するAndroid!・・・といいたいところですが、来年一年はまだまだiPhoneが話題を独占するような気がします。


    ただ、話題になるということと、実際に売れる(使われる)ということは全く別のことなので、なにをもって主役と呼ぶかは難しいかな。

    ITRONが圧倒的だったときも、マスコミはあまりそれを話題にしなかったので、いつITRONが主役だったのかよくわかりませんし、Symbianだって、iPhoneと比較されて初めて話題になる、みたいな感じがあります。日本のメディアとして考えると、Android以前のケータイ電話OSの方がまだまだ圧倒的に主役でしょう。

    この質問、考えれば考えるほど意味があるのかわからなくなってきますね。要はどれが主役になろうと、モバイル業界が盛り上がればいいと思います。
    2008-12-15 17:09:20
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集