logo

iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか

2008年6月10日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型iPhoneが、3Gの携帯電話ネットワークとWi-Fiによるインターネットアクセス、Microsoft Exchangeへの対応、GPS搭載、専用アプリケーションをダウンロードできるApp Storeなどを揃えて登場しました。またAppleは、.Macサービスを進化させた「MobileMe」も発表しています。これはMac、Windows PC、iPhone間でメール、カレンダー、連絡先、写真などを同期するクラウドストレージです。7月11日には日本でもiPhone 3Gがソフトバンクショップで発売されます。販売条件などはまだ公表されていませんが、米国では$199(8GBモデル)、$299(16GBモデル)という価格設定になっています。

 AppleとiPhone 3Gは、日本の携帯電話業界を変えることになるのでしょうか。端末メーカー、キャリア、コンテンツプロバイダ、アプリケーション、ユーザー、ビジネスが受けるインパクトとはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    $199と$299という価格設定にひたすら驚きました。

    全世界で同じサービスの内容・品質・条件で売れるという、ブランド管理を含めた事業戦略と、それによって実現したスケールメリットの勝利でしょう。

    iPhoneは「おさいふケータイ」を内蔵していないので、日本で爆発的に普及することはないと思います。ただiPhoneの市場の考え方と価格競争力の実現は、ケータイ産業界にとってかなりのインパクトを与えることになるはずです。

    ※エントリ( (リンク ») )を書きました。こちらもご覧ください。
    2008-06-10 15:12:15
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集