logo

注目分野となるか? ITとエコの関係

2007年12月3日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがクリーンエネルギービジネスに参入することを明らかにしました。2008年に再生可能エネルギーの研究開発に多くの資金を投資し、再生可能資源から作った電気を自社のデータセンタにまわすほか、他社に販売したり、技術を定額でライセンスすることも視野に入れているようです。日本では以前からはてなやミクシィがサーバの電気代をグリーン電力に切り替えています。また10月にはサンやIIJが地底空間にデータセンターを建設するエコプロジェクトを発足させました。IT企業が相次いで環境関連の取り組みを発表していますが、グリーンITは2008年の注目分野となるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    資金力の無いベンチャーがいきなりエコへの取り組みを自らのビジネスへとリンクさせることは、非常に困難なことだと思う。

    ただ、ありとあらゆる産業は環境問題と無縁ではいられない状況になっているのは事実であり、規模の大小を問わず、なんらかの意思表明をしなくてはならない。

    逆に言えば、キャッシュフローを圧迫せずにエコビジネスとITビジネスをクロスするアイデアは、2008年のスタートアップベンチャーの一つのキーワードとなるだろう。
    2007-12-02 22:56:04
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集