格安ネットカメラがスマートホームのハブになる?--「ATOM Cam」に専用外部センサーが登場

日沼諭史 CNET Japan Ad Special2020年10月07日 16時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2種類のセンサーの基本的な使い方

 センサーのひも付けが完了したところで、次に具体的にどういう形で使えるのかを見ていきたい。

 まず「ATOM 開閉センサー」だ。すでに説明した通り、これは2つのパーツに分かれていて、パーツが近づいていること、離れていることを検知するセンサーとなっている。背面には両面テープが付いているので、一方のパーツを窓やドアに、もう一方を窓・ドアを閉めたときに近接する壁側などにそれぞれ貼り付けて固定し、開閉を検知できるようにする。

開閉センサーを窓のサッシに取り付けたところ。2つのパーツは完全にぴったりくっついていなくても、ある程度近づいていれば閉じていると判定される。窓を開けたときは離れ、開いていると通知される
開閉センサーを窓のサッシに取り付けたところ。2つのパーツは完全にぴったりくっついていなくても、ある程度近づいていれば閉じていると判定される。窓を開けたときは離れ、開いていると通知される
窓の場合、できればサッシではなくノブ(クレセント)に取り付けるのがベター
窓の場合、できればサッシではなくノブ(クレセント)に取り付けるのがベター
開閉操作の邪魔にならないことも確認したいが、こうすればより正確に戸締まりしているかどうかを判定できる
開閉操作の邪魔にならないことも確認したいが、こうすればより正確に戸締まりしているかどうかを判定できる

 アプリ上では、登録した開閉センサーの設定画面の「実行条件を設定」から、検知の条件や検知時のアクションを決めることができる。設定画面には「開いた(離れた)ときにのみ記録」と「開いた(離れた)ときと閉じた(近づいた)ときの両方を記録」という2パターンがあるが、ここでいう「記録」は、アプリ上にログを残す(プッシュ通知する)かどうか、という意味になる。

設定したい開閉センサーの画面で閉じているか、開いているかをチェック可能
設定したい開閉センサーの画面で閉じているか、開いているかをチェック可能
(左)センサーの画面右上にあるボタンから設定画面へ。「実行条件を設定」をタップする、(右)検知の条件や検知時のアクションを決められる
(左)センサーの画面右上にあるボタンから設定画面へ。「実行条件を設定」をタップする、(右)検知の条件や検知時のアクションを決められる

 2つのうちいずれかの検知条件で、ログに残すだけでなくカメラの録画も自動で実行したいときは、設定画面最下段にある「連動するカメラを録画」もオンにする。センサーの開閉の検知は、実際に近づけたり離したりしてからおおよそ1秒~数秒程度で認識され、録画データは検知した直後から12秒間分がクラウドに保存されるようだ。その他、「開いた」状態のまま指定時間が経過したときに通知を送る閉め忘れ防止の機能もあって、カメラ連動とは関係なしに、単純に戸締まり確認に使うこともできるようになっている。

(左)開閉があるとログが残り、通知が届く、(右)クラウドに12秒間分の録画映像がアップロードされるので、開閉のタイミングで何があったかを確認できる
(左)開閉があるとログが残り、通知が届く、(右)クラウドに12秒間分の録画映像がアップロードされるので、開閉のタイミングで何があったかを確認できる

 「ATOM モーションセンサー」の方は、人感センサー兼明暗センサーということで、センサーの範囲内に人や動物などがいるかどうかを検知し、さらに周辺が明るいか暗いかを(2段階で)判別する。前面からおよそ120度、8メートル程度の範囲に赤外線を照射して検知する仕組みなので、部屋に人がいるかどうかを検知したいときは、センサーを部屋の隅に置いて中央に向けたり、背面の両面テープで壁や天井に貼り付けたりすると良さそうだ。

部屋の隅から中欧に向けて設置することで、部屋全体を監視できる
部屋の隅から中欧に向けて設置することで、部屋全体を監視できる
モーションセンサーで部屋全体を監視対象にしたいときは、背面の両面テープで天井などに取り付けてもいい
モーションセンサーで部屋全体を監視対象にしたいときは、背面の両面テープで天井などに取り付けてもいい

 モーションセンサーについても、「実行条件を設定」する画面から検知の条件とアクションを設定する。指定できる条件は「動きがあったときだけ記録する」と「動きがあったとき及び消えたときに記録する」(動きがあったとき、または動きがなくなったときに記録する)のいずれか。条件を満たしたときにカメラを自動録画するなら、開閉センサーと同じように画面最下段の「連動するカメラを録画」を有効にする必要がある。こちらも数秒以内には動きが検知され、その後12秒間分の映像がクラウドに保存されるのも開閉センサーと同様だ。

モーションセンサーの画面。動きを検知しているか、明るいか暗いかを判別できる
モーションセンサーの画面。動きを検知しているか、明るいか暗いかを判別できる
(左)「実行条件を設定」画面では、開閉センサーと同じように検知の条件やアクションを選ぶ、(中央)動きを検知したとき、または動きがなくなったときにログが残り、通知される、(右)もちろん検知時に自動録画された映像もチェック可能
(左)「実行条件を設定」画面では、開閉センサーと同じように検知の条件やアクションを選ぶ、(中央)動きを検知したとき、または動きがなくなったときにログが残り、通知される、(右)もちろん検知時に自動録画された映像もチェック可能

 このモーションセンサーを活用することで、飼っているペットが(カメラ視界外の)特定の場所に入り込んできたのを検知して録画したり、来客がオフィス入口に足を踏み入れたのを検知して受付のカメラを作動させたり、といった使い方ができるだろう。テスト版の段階では明暗を条件にしたアクションの設定はできなかったが、正式版ではIFTTT連携で明暗を条件に設定できるようにする計画もあるようなので、そうすれば応用範囲はぐっと広がるはずだ。

低コストで運用できる機器構成も可能に

 ところでATOM Camでは、1つのセンサーで検知したときに複数のカメラで録画する、ということもできるようになっている。ここがちょっと面白いところで、カメラ、ドングル、センサーの3種類は、それをどこに接続し、どうひも付けたかを意識する必要はあまりない。ATOM Camが1台だけであれば、そもそも接続・ひも付けに迷うことはないけれど、2台以上あるときはこのことをぜひ頭に入れておきたい。

1台のカメラで自動録画することも、2台のカメラ同時に録画することも可能
1台のカメラで自動録画することも、2台のカメラ同時に録画することも可能

 というのも、たとえば「カメラA」に「ドングルA」を接続し、それに「開閉センサーA」をひも付けていたとする。このとき「開閉センサーA」で窓の開閉を検知した場合には、「カメラA」の録画を自動でスタートさせることも、同じネットワーク内にある「カメラB」の録画をスタートさせることもできる。「カメラB」にもう1つドングルを接続する必要はないのだ。

 応用例を考えてみよう。「カメラA」で見張っている玄関の扉に「開閉センサーA」を取り付けたとして、扉が開いたのを検知したときは、「カメラA」で自動録画を開始する、というような使い方が考えられる。でも、それとは違うアングルから監視している「カメラB」でも同じタイミングで自動録画を開始することができる。

玄関扉にセットした開閉センサー
玄関扉にセットした開閉センサー
(左)玄関扉が開いたときに「カメラA」で録画したときの映像。たしかに扉は開いているのだが、映像の変化は少なく何が起こっているのがわからない、(右)同時に別のアングルから「カメラB」で録画したときの映像。怪しい人影が映っているのがはっきりとわかる
(左)玄関扉が開いたときに「カメラA」で録画したときの映像。たしかに扉は開いているのだが、映像の変化は少なく何が起こっているのがわからない、(右)同時に別のアングルから「カメラB」で録画したときの映像。怪しい人影が映っているのがはっきりとわかる

 2つのカメラで同時に録画することで、「カメラA」の映像だけではわからなかった様子も、「カメラB」による別アングルからの映像を見れば状況がより明らかになる、といったこともありえる。ドングルとセンサーがそれぞれ1つずつしかなくても、その検知情報を元にしたアクションを複数台のカメラで実行できるわけだ。

 ただし、2つ以上のドングルが必要になる場面ももちろんある。ドングルとセンサーの距離によっては検知した情報を正しく受信できないことがあるためだ。開閉を検知したい場所がもう1つあって、それが「カメラA」から離れたところにあるなら、より近くにある「カメラB」に「ドングルB」を接続し、それに新たな「開閉センサーB」をひもづける、といった機器構成を考える必要がある。

ドングルが複数あればより広範囲にセンサーを配置できるだろう
ドングルが複数あればより広範囲にセンサーを配置できるだろう

 とはいえ、筆者が木造2階建ての自宅で試した限りでは、フロアをまたがる形でセンサーを遠ざけた場合でも、1つのドングルでカバー可能だった。1個のドングルにはセンサーを1台~複数台ひも付けることができるので、最小限のコストで柔軟な機器構成を実現できる。自宅やオフィスにある1つ1つの窓やドア、部屋すべてを隅々まで監視するにしても、むやみにカメラやドングルを増やす必要はないかもしれない。

誰でも楽しく、手軽に低価格でスマートホーム化を実現

 ただ映像を監視して終わり、ではなく、次々に新しい展開を見せてネットカメラの可能性を広げてくれる「ATOM Cam」。今回の外部センサーとの連携は、エッジAIによる人体検知機能などに続く第2弾とでも言うべき大きなアップデートだ。

 上手に活用するには試行錯誤が必要になってくるけれど、その分DIY的な楽しみが増して、「スマートホーム化」に楽しくチャレンジできそうな予感がする。自宅やオフィスのセキュリティを徹底的に高めたり、日常のちょっとした手間を自動化したりと、アイデア次第でユニークなスマートホーム化ができるに違いない。正式版の発売を鼻息荒くして待ちたいところだ。

ATOM Camと連携して使えるスマートセンサー 「ATOM Sensor」を支援する

クラウドファンディングサイトはこちら

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]