お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

株式会社日本ブランド戦略研究所

関連記事

  • 将来、ウェブブランディングはどうあるべきか

    ウェブブランディングではマーケティングの4Pのうち、ECなどの流通(place)やプロモーション(promotion)での活用に注目が集まっているが、ブランディングはユーザーの求める製品をユーザーの価値観に見合う価格で提供するという、product戦略およびprice戦略が反映されたものでなければならない。

    2007-12-12 11:28:01
  • ウェブブランディングと企業価値

    ブランド研究の第一人者であるD・A・アーカーは、ブランドの資産的価値に着目し、ブランドエクイティというコンセプトを提唱した。これはブランド認知、ブランド連想、知覚品質、ブランドロイヤルティ、他の所有権のあるブランド資産という5つの要素からなる。

    2007-11-28 13:19:01
  • 次世代DVD、消費者の購入したいメーカーの1位はソニー--日本ブランド戦略研究所調べ

    日本ブランド戦略研究所は、「次世代DVDの購入意向とメーカーのブランドイメージに関するアンケート調査」の結果を発表した。

    2007-11-21 19:28:01
  • ウェブブランディングにおけるブランドイメージ

    ブランド認知という点ではウェブサイトは既存メディアにまだ及ばない場合が少なくない。一方、ブランドイメージを形成し、好感度やブランドプレミアムを強化するという役割では非常に優れている。

    2007-11-14 11:02:01
  • ウェブブランディングにおけるブランド認知

    ブランドの価値を議論するとき、そもそもそのブランドは認知されているのか、ということが最初の入り口となる。認知されていなければ購買意向の対象にもならない。でははたして、ウェブだけで製品認知は広がるのか。

    2007-10-31 10:32:02
株式会社日本ブランド戦略研究所の関連記事一覧

プレスリリース

株式会社日本ブランド戦略研究所のプレスリリース一覧へ