【追記】ソフトバンク、シャープ堺工場を大規模AIデータセンターへ--両社で基本合意、2025年中本格稼働

 ソフトバンクとシャープは6月7日、堺市にあるシャープの液晶パネル工場関連(シャープ堺工場)の土地および建物を活用した大規模なAIデータセンターの構築に向け、基本合意書を締結したと発表した。

 ソフトバンクは、シャープ堺工場の敷地面積全体の約6割に当たる約44万平方メートルの敷地と、延べ床面積約75万平方mの建物に、受電容量が約150MW規模のデータセンターを構築。2025年中の本格稼働を目指すという。将来的には、受電容量を400MW超の規模まで拡大する見込みだ。

キャプション

 ソフトバンクとシャープは、シャープ堺工場を活用してAIデータセンターを構築することについて、2024年1月から協議。ソフトバンクはシャープ堺工場の土地や建物、電源設備、冷却設備などを譲り受け、データセンターの早期構築を目指す。2024年秋ごろに着工し、2025年中に本格稼働させることを目指す。

 今回発表したAIデータセンターは、生成AIの開発およびその他のAI関連事業に活用するほか、社外からのさまざまな利用ニーズに応えるべく、大学や研究機関、企業などに幅広く提供する予定。また、環境負荷が低いデータセンターとして、クリーンエネルギーの活用を検討するとしている。

 なおシャープは6月3日、KDDIらと連名で、堺工場跡地を活用したAIデータセンターの構築に向け、協議を開始することに合意したと発表。シャープの広報によると、今回のソフトバンクとの発表とKDDIらとの発表は別件で、現段階で建屋の重複した使用は想定していないとしている。

プレスリリース(ソフトバンク)
ニュースリリース(シャープ)

【追記:6月7日18時44分】シャープ広報の回答を追記しました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]