実証実験ではない「顔認証改札」ついに始動--QR乗車券も導入、山万ユーカリが丘線で

 山万は、千葉県佐倉市の新交通システム「山万ユーカリが丘線」において、顔認証改札を6月15日から全面導入する。顔認証改札は鉄道各社が実証実験を進めているが、山万が本格導入で先行する。

山万ユーカリが丘線
山万ユーカリが丘線

 顔認証改札は、従来の磁気定期券を代替する形で導入する。現在利用中の定期券は顔認証改札導入後も利用できるが、次回更新時より顔認証への切り替えが必要となる。これに伴い、磁気の通勤定期券の販売を6月14日で終了する。顔の登録は6月15日から受け付ける。

顔認証改札
顔認証改札

 顔認証改札は、Osaka Metro(大阪メトロ)も2024年末の本格サービス開始を目指している。

磁気乗車券もQRコードで代替

 あわせて、山万では磁気乗車券もQRコードに置き換える。6月15日以降はQRコードが印刷された紙の切符を発券するほか、スマートフォンに表示したQRコードを改札機にかざすことでも改札を通過できる。

QR乗車券はスマートフォンに表示したQRにコードにも対応
QR乗車券はスマートフォンに表示したQRにコードにも対応

 通学定期券、回数券、1日券・2日券、シニアパスについては6月15日時点では変更はないものの、順次顔認証システムやQR券売機への対応を予定している。

 磁気切符は読み取りに複雑な機械部が必要で、維持費がかさむ。これを顔認証やQRコードに代替することでコストの削減を図る。また、スマートフォンに表示したQRコードで改札を通過できるため、インターネット経由の柔軟な発券が可能となる。さらに、顔認証の導入で定期券のなりすまし利用も防止できる。

顔の登録方法 顔の登録方法
※クリックすると拡大画像が見られます
山万

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]