佐川グローバルロジスティクスとエピソテック、ARを活用した物流支援システムの実証実験

 佐川グローバルロジスティクスとエピソテックは4月24日、両社で共同開発した物流業務支援システムの実証実験を、佐川グローバルロジスティクスの久喜菖蒲営業所で実施したと発表した。

AR技術を用いた動画による作業教育の様子 AR技術を用いた動画による作業教育の様子
※クリックすると拡大画像が見られます

 本実証実験では、エピソテックのAR手順書システム「Dive」で培った技術を応用したシステムを使用。ARを活用した作業マニュアルで教育にかかる時間を削減できるか、ARで動線を表示することで現場スタッフが迷うことなく作業に従事できるか、ARコンテンツを現場スタッフが簡単に運用できるかを検証した。

ルート可視化によるピッキング支援 ルート可視化によるピッキング支援
※クリックすると拡大画像が見られます

 実証期間は2024年1~3月で、埼玉県久喜市にある久喜菖蒲営業所内の400坪にて実施。実験の結果、倉庫現場におけるARの有用性を確認できたとしている。

 Diveは、OJTの効率化に課題をもつ現場作業系事業者に向けた動画手順書システム。佐川グローバルロジスティクスとエピソテックは、新たなビジネスやサービスの共創を目指すオープンイノベーションプログラム「HIKYAKU LABO 2023」によって、パートナー企業として取り組みを進めてきた。

 両者は実証実験の結果を受けて、「Dive」のブラッシュアップと新たな機能の開発により、物流業界の課題解決を目指していくという。

プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]