Meta、VR向けOSをサードパーティーに開放--ASUS、レノボ、MSと提携

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年04月23日 10時52分

 Meta、Apple、ソニー、さらにGoogleやサムスンの間で仮想現実(VR)や拡張現実(AR)をめぐる競争が激化する中、Metaの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏が魅力的な一手を打った。「Meta Quest」ヘッドセット向けのOSを「Meta Horizon OS」として、Quest以外のデバイス向けにも提供すると発表したのだ。そして、パートナーはすでに登場している。ASUS、レノボ、Microsoftだ。

Meta Questヘッドセット
提供:Scott Stein/CNET

 米国時間4月22日に公式ブログに掲載されたこのニュースによると、Metaは同OSをサードパーティーのハードウェアメーカーに開放するという。Meta Horizon OSを搭載するヘッドセットは、Meta Horizonアプリ(旧Meta Questアプリ)で管理できるようになる。

 Metaによると、ASUSは「Republic of Gamers(ROG)」ブランドで「全く新しい性能」のVRゲーミングヘッドセットを開発している。レノボも、Meta Horizon OSに対応した複合現実(MR)デバイスを開発する計画だ。このヘッドセットは「生産性や学習、エンターテインメント」向けだという。

 また、Metaは詳細を明らかにしていないが、Microsoftと共同で「Xbox」にヒントを得た限定版「Meta Quest」に取り組むとしている。

Metaの公式ブログ
Zuckerberg氏のInstagram投稿

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]