PDF文書について回答や要約ができる「Acrobat AI Assistant」、提供開始

Radhika Rajkumar (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2024年04月16日 13時18分

 調査結果、財務情報、専門用語など、私たちが日々扱うデータの多くはPDFで保存されている。しかし、それらを効率的かつ確実に解析するには時間がかかる。Adobeの人工知能(AI)アシスタントは、その手助けをするものだ。

「Acrobat AI Assistant」とのチャット画面
提供:Adobe

 Adobeは米国時間4月15日、「Acrobat」と「Acrobat Reader」のユーザー向けに「Acrobat AI Assistant」の一般提供を開始したと発表した。デスクトップ版とウェブ版で利用できるという。2月にはベータ版の提供を開始していた。

 チャットボットのようなインターフェースを備えたAI Assistantでは、ユーザーが文書について質問し、必要な情報を素早く簡単に得られるようになっている。AI AssistantはPDFの内容に基づき、お勧めの質問を提示することもできる。

 AI Assistantの回答については、その情報源を容易に確認できるという。AIモデルが誤った情報を生成する場合もあることを考えると、これは特に重要な機能だ。

 AI Assistantはまた、コンテンツを重要なポイントや文章として短くまとめ、電子メール、プレゼンテーション、ブログ、レポートで容易に利用できるようにする。

 PDFのほか、「Word」や「PowerPoint」などの文書形式にも対応する。現時点では英語で利用可能で、他の言語にも対応していく予定だ。

 無料のAcrobat Readerまたは有料のAcrobatの個人向けプランに加入していれば、月額4.99ドル(約770円)のサブスクリプションを追加することでAI Assistantの全機能を利用できる。これは6月5日までの早期アクセス価格だ。モバイル向けReaderでは、期間限定でAI Assistantのベータ版を無料で提供する。このバージョンは音声コマンドにも対応しており、ユーザーは音声で文書の要約指示や質問ができる。

Adobeの発表

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]