ドコモとアマゾンが協業--買い物や「Amazonプライム」で「dポイント」を還元

 NTTドコモとアマゾンジャパンは4月10日、「dポイント」と「Amazonプライム」の2つの分野で協業すると発表した。

(左から)NTTドコモ 代表取締役社長 井伊基之氏、アマゾンジャパン 社長 Jasper Cheung氏
(左から)NTTドコモ 代表取締役社長 井伊基之氏、アマゾンジャパン 社長 Jasper Cheung氏

 協業の1つ目として、同日から「Amazon.co.jp」の買い物で、dポイントが獲得、利用できる。「dアカウント」と「Amazonアカウント」を連携すればドコモの回線契約の有無に関わらず、1回あたりの合計注文金額(税込)が5000円以上の場合に1%分のdポイントを獲得できる。1回の獲得上限は100ポイントで、ためたdポイントは1ポイント1円単位で利用可能。Amazon.co.jpで他社のポイントを獲得、利用できるのは初になるとしている。

1つ目の協業内容 1つ目の協業内容
※クリックすると拡大画像が見られます
キャプション

 2つ目として4月11日から、ドコモの回線契約があるユーザーがAmazonプライムの月間プランに登録すると、毎月120ポイントの「dポイント(期間・用途限定)」を還元する。はじめてAmazonプライムに登録する場合は、月間プランの会費相当となる600円を3カ月割り引く。なお割引が適用される期間は、毎月120ポイント還元の適用外になるとしている。

 加えて、ドコモを通してAmazonプライムを登録したユーザーで「eximo」「ahamo」「ギガホ」プランの契約者、もしくは60歳以上の場合、Amazon.co.jpを「d払い」で支払えば、基本還元分に加えて注文金額の1%分のdポイント(期間・用途限定)を還元する。いずれも1カ月につき100ポイントが上限となる。

 「spモード」「ahamo」「irumo」プランの契約者がAmazon.co.jpをd払いで支払った場合は、0.5%分を還元する。

2つ目の協業内容
2つ目の協業内容
※クリックすると拡大画像が見られます
協業内容のまとめ 協業内容のまとめ
※クリックすると拡大画像が見られます

 NTTドコモ 代表取締役社長である井伊基之氏は、「2015年の12月にdポイントのサービスを開始して会員数や加盟店を着実に伸ばし、会員数は2023年度で1億人を突破した。また、2018年にAmazon.co.jpでd払いによる決済を開始するなど、ユーザーに便利なサービスを届けてきた。強みを生かして両社の関係を進化させ、dポイントでお客様のお買い物体験をより便利に変えていく」という。

 また、アマゾンジャパン 社長のJasper Cheung(ジャスパー・チャン)氏は、「日本のアマゾン独自の取り組みとして2007年に『Amazonポイントプログラム』を開始した。今後はアマゾンポイントに加えてdポイントもたまる。お得にお買い物を楽しんでいただきたい」と語った。

Amazonポイントとdポイント、どちらも獲得可能となった Amazonポイントとdポイント、どちらも獲得可能となった
※クリックすると拡大画像が見られます
報道発表資料

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]