角川ドワンゴ学園、N高・S高にChatGPT-4を利用した専用AIチャットシステムを導入

 角川ドワンゴ学園は4月4日、N高等学校(N高)および、S高等学校(S高)において、4月より普通科の生徒を対象に、Azure Open AI serviceのChatGPT-4、DALL・E 3を利用した専用AIチャットシステムを導入すると発表した。高いセキュリティとChatGPTの高性能を担保したビジネスレベルのチャットシステムを提供することで、学習や課外活動の効率化と、社会で必要とされる経験の提供を目指す。

 
 

 同学園では、機械学習やAIについて、2018年時点から機械学習を学べる課外学習や、新入生にAIが作成した手紙を送付する企画を実施。また、昨年度は、鹿児島県長島町の温州みかんを題材に、生成AIを学ぶ教育プログラムを実施するなど、AIの活用を推進している。学校行事などについても、N/S高では2016年から「最先端の入学式」として 沖縄伊計本校の模様をVRで視聴する「ネット入学式」や、バーチャル空間内で進行される模様をオンライン配信する「メタバース入学式」など、VR機器などを用いた入学式を毎年実施。今年は新たに、AIも駆使した入学式を実施する予定となっている。

 特にN/S高の普通科では、バーチャルリアリティやメタバースなどの最先端テクノロジーをいち早く導入。学習アプリ「N予備校」のコンテンツ1万3000本のうち6000本以上がVRに対応する。普通科生においては、AIアバターを相手に英会話を練習できるバーチャルアプリ「スマート・チューター」(Plus One提供)を利用。発音や会話速度など、AIが分析してアドバイスするので、効率的な練習が可能だという。

 そのほか、バーチャル技術などを駆使したスポーツイベント「バーチャル体育祭」や、生徒と教職員が一緒に名所を巡る「バーチャル修学旅行」なども定期的に開催。さまざまなイベントを通して、住んでいる場所を問わず生徒同士が集まれる環境をバーチャル空間で提供している。

 今回、N/S高の普通科において、生成AIのひとつであるChatGPT-4を用いたチャットシステム(Slack上で利用)の導入を決定した。大企業が導入している社内向けChatGPTに近いシステム構成で、高いセキュリティとともにデータが二次利用されない、生徒が安心して利用できる環境を提供していくという。

 さらに、システムの提供のみならず、文科省が公表している「初等中等教育段階における生成AIの利用に関する暫定的なガイドライン」を元にした、生徒向けガイドラインを全校生徒に提供。学習や課外活動での利用方法から、現在の生成AIが抱える課題や現行法との関係についても解説していく。

 同学園では、機械学習エンジニアを目指す生徒向けカリキュラムの提供および、コミュニティ運営を4月より開始。さらには、AIの活用方法および、AIチャットシステムの改善、運営について検討する生徒による「AI共生委員会」を発足する。

 また、「生成AIと創造性」と銘打ち、ゲストに第170回芥川賞受賞作家の九段理江氏、名古屋大学教授の佐藤理史氏、進行兼コメンテーターとして、教育系Youtuberであるヨビノリたくみ氏を迎え、これからのAI時代に求められる創造性に関する特別授業も開催する。

 
 

プレスリリース
「N高等学校、S高等学校」公式サイト
「AI特別授業「【N/S高 普通科】『生成AIと創造性』芥川賞受賞作家に聞く、AI時代の『文学』」(ニコニコ生放送4月19日15~16時予定)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]