[ブックレビュー]日常生活の困ったを少しラクにする--「アドラー流 気にしないヒント」

フライヤー編集部2024年03月30日 08時00分
三笠書房
内容:「仕事も人間関係もうまくいかない」「まわりの人に振り回されてばかり」「コミュニケーションでよく失敗してしまう」……そんな人にぜひ本書を勧めたい。著者は1985年からアドラー心理学を中心に据えたカウンセリングの会社を経営するアドラー心理学を日本に広めた第一人者だ。

 「仕事も人間関係もうまくいかない」「まわりの人に振り回されてばかり」「コミュニケーションでよく失敗してしまう」……そんな人にぜひ本書を勧めたい。

 本書の著者はアドラー心理学のカウンセリング指導者で「サクッとわかる ビジネス教養 アドラー心理学」などの著者でもある岩井俊憲氏だ。2013年に「嫌われる勇気 自己啓発の源流『アドラー』の教え」(岸見一郎/古賀史健)が大ベストセラーになるよりもさらに前1985年からアドラー心理学を中心に据えたカウンセリングの会社を経営するアドラー心理学を日本に広めた第一人者だ。

 本書ではそんな岩井氏が日常生活で感じる悩みや困ったシチュエーションを例に挙げアドラー心理学で解決したり心を少しラクにしたりする方法を教えてくれる。具体的なアドバイスがたくさん提示された実践しやすい本である一方巻末には「アドラー心理学をより知るためのキーワード」がまとめられておりより深く学びたい読者も満足するはずだ。

 はじめてアドラー心理学に触れる人はもちろんアドラー心理学の概要は理解しているが実践にハードルを感じている人にもおすすめである。

今回ご紹介した「アドラー流 気にしないヒント」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]