ボルボ、EVバッテリー充電高速化技術のBreatheに出資--ソフト制御で充電時間を最大3割短縮

 Volvo Carsは、電気自動車(EV)バッテリー向けの充電高速ソフトウェアを持つ英Breathe Battery Technologiesと提携するとともに、出資を実施した。

VolvoがBreatheに出資(出典:Breathe)
VolvoがBreatheに出資(出典:Breathe)

 Breatheは、ソフトウェア定義バッテリー(Software Defined Batteries:SDB)と呼ぶ充電技術「Breathe Charge」を手がける、インペリアル・カレッジ・ロンドン発のスタートアップ。充電対象バッテリーの状態に応じてリアルタイムに充電方法を制御することで、充電に必要な時間を短縮できるとしている。

 Volvoは、自社のバッテリーEV(BEV)にBreatheの技術を組み込む計画。これにより、10%のバッテリー充電量を80%まで増やすのに必要な時間が、最大30%短縮できると見込む。

EVの充電時間を最大3割短縮(出典:Breathe)
EVの充電時間を最大3割短縮(出典:Breathe)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]