ボルボ、ヨーテボリ沖に出力1000MWの洋上風力発電所を建設へ--年間4.5TWhを工場へ供給

 Volvo Carsと、再生エネルギー事業のスウェーデンEolus Vindは、ヨーテボリ沖に大規模な洋上風力発電所「Västvind」を建設するため、契約締結に向けての合意書(LOI)に署名した。

 この発電所は、ヨーテボリのヒシンゲン島にあるVolvo Carsの工場と、建設予定のバッテリー工場に電力を供給するためのもの。出力は1000MWで、1年間に4~4.5TWhの電力を供給できると見込む。

 2027年に建設を開始し、2029年の完成を目指す。

 なお、Volvo Carsは販売する乗用車の電気自動車(EV)移行を進め、2030年までに全モデルをバッテリーEV(BEV)へ変える計画。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]