「ラブライブ!スーパースター!!」Liella! 5thライブ東京公演で見た“22人で輝いた今の姿” - (page 2)

 ライブが再開され、キービジュアルでメンバーがまとっている衣装でキャスト11人が登場し、歌ったのは「FANTASTiC」。テクノポップの曲調にのせて、クールなところから自信ありげなものまで、さまざま表情を浮かべながら歌う。トロッコに乗ってライブの定番曲にもなっている「Day1」では、ラップパートも含めて軽快に歌い、盛り上げていく。

 ステージに戻ってから、ペイトンさんがすみれの決めセリフである「ギャラクシー!」とポーズを決めながら口にすると、「ノンフィクション!!」の披露に。第10話挿入歌ですみれのセンター曲となっており、映像ではメンバー5人だが、ステージではキャスト11人でのパフォーマンスで、よりゴージャス感のあるものに。ペイトンさんがセンターに立ってけん引しつつ、伊達さんによるチャールストンステップをはじめとして、大人な雰囲気で魅了するショータイムに歓声があがっていた。

「ノンフィクション!!」
「ノンフィクション!!」
「ノンフィクション!!」
「ノンフィクション!!」

 MCパートでは、これまで披露した楽曲を振り返ったトークを展開。演出に関わることなろさまざまな話題が飛び交うなか、絵森さんが話したところでは、2期生曲である「Blooming Dance!Dance!」をはじめとして、1曲1曲をかみしめて歌いたいという気持ちから、2期生の4人で円陣を組んでより気合いを入れたという、舞台裏のことも明かしていた。

 ライブが終盤というところでまず歌われたのは「Jump Into the New World」。リリックビデオさながらに歌詞が表示されるスクリーンを背景に、スカートも華麗に舞わせるような振り付けを交えながら、目と耳が離せないようなフォーメーションダンスを駆使するステージを展開した。

 このあと、キャスト11人が横一列に並んで歌いはじめたのは、TVアニメ2期第10話挿入歌の「Sing!Shine!Smile!」。TVアニメ2期において、当時マルガレーテはLiella!のライバルとして登場。第10話ではスクールアイドルの祭典「ラブライブ!」東京大会でLiella!とマルガレーテが競い合ったシーンが描かれており、「Sing!Shine!Smile!」はこのときLiella!が披露した楽曲。こうした背景があるだけに、結那さんがLiella!としてみんなに混じって歌っている姿がとても印象的だった。

 さらにTVアニメ1期8話挿入歌の「Wish Song」も披露。当時Liella!の5人が揃った始まりの曲であり、スクールアイドルの活動を頑なに拒み続けた恋が仲間に加わり、5人を繋ぎ結びつけたことを象徴する楽曲にもなっている。5人のメンバーが歌うダンスシーン映像が流れるなかで11人が伸びやかに歌声を響かせる。曲中で5人が星の形のように手を取り見上げるシーンでは、ステージ全体を使って11人が腕を伸ばし、線で結ぶと星の形に見えるポーズと立ち位置で、11人としての繋がりと結びつきを示すシーンとなっていた。

「Wish Song」
「Wish Song」

 伊達さんが最後の曲とコールして歌われたのは、最新シングルの表題曲であり、5thライブのテーマソングでもある「シェキラ☆☆☆」。フレーズにもあるダンスホールにマッチするようなオールディーズな曲調でゴージャスな雰囲気も漂うなか、派手なライティングに、テープ射出や紙吹雪が舞う演出、クラップで一体となって盛り上がりつつ、笑顔で歌い踊っていた。

「シェキラ☆☆☆」
「シェキラ☆☆☆」
「シェキラ☆☆☆」
「シェキラ☆☆☆」

 アンコールを求める声があがるなかで、メンバーによる幕間映像が上映。11人としてのステージについて、メンバーたちの感想が語られる。そしてLiella!コールを先導し、会場中でLiella!コールが響き渡ったなかで、アンコールがスタート。

 まずはTVアニメ2期オープニングテーマの「WE WILL!!」から。そのオープニングアニメ映像を背景に、1期生と2期生の9人がシンクロパフォーマンスを展開。その後3期生の2人もトロッコに乗って登場。ライブTシャツ姿の11人がさらなる盛り上げを図っていった。さらに「キラーキューン☆」では、アップテンポな曲調でラップパートも軽快に歌い、一体となったコールによってテンションがさらに高めていく。さらに間奏では、それぞれが手を銃のように見立ててカメラや客席に向けて一言言いながら撃つシーンもあり、それぞれに違う撃ち方で、ハートを撃ち抜いていた。そして「UNIVERSE!!」も披露。冒頭で伊達さんが手を掲げると、宇宙のような夜の星空が描かれたスクリーンに、ひときわ大きな光を放つ演出も。ステージやトロッコからさまざまな場所で歌声を届け、会場中が一体となって握った拳を掲げながら“wow wow…”と高らかに声をあげて歌っていた。

 11人が最後の挨拶として、ライブの感想を語るなかでは、楽曲について振り返ったり、5thライブに向けた思いをそれぞれ語る。ときには笑いあり、ときには涙もありつつ感謝の言葉とともに、この先にある希望やさらなる成長も誓っていた。

 ここでTVアニメ1期エンディングテーマ「未来は風のように」を披露。途中からは11人がイメージカラーのスカーフを手にして歌い、横になびかせながら腕を振ると、客席のコンサートライトもそれにあわせて横に振られるなど、一体感ある雰囲気を作りながら歌っていた。

 ステージ上からお礼の挨拶してキャストが降壇し場内が暗転したものの、再度Liella!コールが巻き起こり、「シェキラ☆☆☆」の音楽とともにキャストが再登場。ダブルアンコールとしてステージとトロッコから思い思いに歌い、にぎやかな空気を作り出す。最後は11人が手を繋いで挨拶をし、5thライブを締めくくった。

「シェキラ☆☆☆」(ダブルアンコール)
「シェキラ☆☆☆」(ダブルアンコール)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]