NTTドコモ、メドレーとの資本・業務提携を見直し--ミナカラを完全子会社に

 NTTドコモは2月14日、メドレーとの資本・業務提携の見直しで合意したと発表した。あわせて、ミナカラの株式をメドレーから追加取得し、ミナカラを完全子会社にする。

キャプション

 同社は、メディカル領域のサービスを拡大し、患者の医療活用支援を加速することを目的に、2021年10月にメドレーと、ミナカラの全株式を共同取得し、オンライン薬局事業を共同で運営してきた。

 今回、「dヘルスケア」「健康マイレージ」など、健康増進アプリの一体運用を強化するため、ミナカラの株式をメドレーから追加取得し、完全子会社化することを決定したという。

 同社の現在の持分比率は、87.38%。メドレーからの追加取得により100%となる。効力発生日は、2024年2月中を予定。

 また、メドレーとは、2021年4月からオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」に関する共同運営を行ってきたが、今回の資本・業務提携の見直しに伴い、CLINICSに関する共同運営を2024年12月末日に終了する。

 なお、CLINICSでのdアカウント認証、dポイントを軸とした連携関係は継続していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]