ファーウェイ、イヤーカフ型イヤホン「HUAWEI FreeClip」--クラファン支援計5800万円

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2月2日、イヤーカフ型(オープン型)イヤホン「HUAWEI FreeClip」の一般販売を2月20日から開始すると発表した。

FreeClipを装着したプロランナーの神野大地氏
FreeClipを装着したプロランナーの神野大地氏

 「ブラック」「パープル」の2色を用意し、予想価格(税込)は2万7800円。

HUAWEI FreeClipと概要 HUAWEI FreeClipと概要
※クリックすると拡大画像が見られます
  1. 発表まで3年--運動中も落ちないイヤホン
  2. クラファンの総支援額は5900万弱--プロランナー神野氏「全く落ちない」

発表まで3年--運動中も落ちないイヤホン

 FreeClipは、「アコースティックボール」「C-bridge」「コンフォートビーンズ」の3つの主要パーツで構成。1万人以上の人間の耳のデータを基に何百回もの最適化を実施し、スポーツ中でもしっかり耳にフィットするという。単体の重さが約5.6gながら、激しい運動でも落ちにくいイヤホンだ。

 
 

 ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャーの中野彩子氏は、「長時間の着用で耳が痛くなる、運動中にイヤホンが落ちる、なかなか自分の耳にフィットするイヤホンが見つからない――これらの悩みを解決するため、世界でも有数の研究開発費をかけ、特に研究開発を重視するファーウェイが、発表まで3年をかけた製品。さまざまな完全ワイヤレスイヤホンのシリーズを出しているファーウェイの中でも、全く新しい形態のイヤホン」と話す。

ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャーの中野彩子氏。首を激しくしく振るなど、落ちないFreeClipの実演も
ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャーの中野彩子氏。首を激しくしく振るなど、落ちないFreeClipの実演も

 左右対称のデザインを採用し、装着すると左右の耳を自動で識別。両耳での使用だけでなく、片耳だけの使用でも識別できるという。アコースティックボールには約10.8mmのデュアルマグネットドライバーを収納し、デュアルマグネット回路設計で磁気誘導強度を高め、左右対称の通気口設計で、迫力ある低音を実現する。また、音波を逆音波で打ち消す逆音波システムにより、音漏れを抑えられるとしている。

 
 

 アコースティックボールとコンフォートビーンズをつなぐC-bridge Designは、ニッケルチタン形状記憶合金を採用し、約2万5000回のテストをクリア。加速度センサーと自社開発のAIアルゴリズムにより、タッチコントロールは広範囲、高精度に識別可能で、トリプルタップで前の曲や次の曲、ダブルタップで再生や通話応答などを操作できる。各操作はHUAWEIイヤホンの専用アプリ「HUAWEI AI life」からカスタマイズできるほか、音楽ジャンルの違いなどに応じて、ボーカルブースト、高音ブースト、低音ブーストなどのEQ(イコライザー)モードを、HUAWEI AI lifeを利用して切り替えできるという。

 デュアルマイク+骨伝導VPUセンサーを搭載したマイクには、ファーウェイ独自のマルチチャネルDNN(ディープ・ニューラル・ネットワーク)通話ノイズリダクションアルゴリズムを採用。高精度にノイズとユーザーの音声を識別し、混雑した屋外でも優れた通話性能を有するとしている。

 「オープン型イヤホンということもあり、外の騒音を打ち消すノイズキャンセリング機能は搭載していない。しかし、通話の際に自分の声をクリアに相手に届けることができる通話ノイズリダクション機能を搭載した。屋外での風ノイズなどを低減し、騒がしい場所にいても、相手には静かな場所で話しているかのように声を届けられる」(中野氏)

 バッテリー性能は、1回のフル充電で最大8時間の連続音楽再生に対応。充電ケース込みでは、最大36時間の音楽再生が可能となっている。また、急速充電に対応しており、約10分の充電で、最大3時間音楽再生が可能。IP54レベルの防じん・防滴性能も有する。

キャプション
FreeClipの特徴まとめ FreeClipの特徴まとめ
※クリックすると拡大画像が見られます
FreeClipのスペック一覧 FreeClipのスペック一覧
※クリックすると拡大画像が見られます

クラファンの総支援額は5900万弱--プロランナー神野氏「全く落ちない」

 FreeClipは、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で2023年12月19日から先行予約を実施。5867万4358円の支援を獲得し、今回改めて一般販売を開始するものとなる。

 「快適な装着感でありながら圧倒的な安定感。オープン型オーディオでありながら、良好な音質。インテリジェントなイヤホンになるよう、最先端の技術を詰め込んだ。使ってみるまでやや分かりづらいところもあるかもしれないが、使っていただければ必ず満足いただける一台」(中野氏)

クラウドファンディングで5867万4358円の支援を獲得
クラウドファンディングで5867万4358円の支援を獲得

 また、青山学院大学3年時(2015年)の箱根駅伝往路5区において区間新記録を樹立し、3代目山の神と呼ばれたプロランナーの神野大地氏が製品アンバサダーに就任した。

 神野氏は、「イヤホンに見えないスタイリッシュなデザインで、今までなかった新しいタイプ。激しい運動したら落ちるのでは、という心配はあったが、全く落ちない。1kmを3分半くらい、16km走っても落ちなかった。周囲の音が聞こえるので、ジムで運動するときなどで誰かに話しかけられても対応できる。ランニングに欠かせないものに出会えたと感じている」と話した。

プロランナーの神野氏が、ランニングマシーンで落ちないFreeClipを実演


プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]